旭化成 杭打ち問題 へーベルハウスは大丈夫か?担当者に聞いた結果はこれだ!

横浜市都筑区の大型マンション
「パークシティLaLa横浜」が
傾いている問題で、旭化成
グループのブランドイメージが
大きく失墜しています。

杭打ち工事を請け負った旭化成建材
と親会社の旭化成が2015年10月20日
に謝罪したものの、グループ全体の
評判はガタ落ち。

戸建て住宅の「ヘーベルハウス」を
主力とする住宅事業の旭化成ホームズ
にもその影響が及んでおり、「うちは
大丈夫なのか」といった問い合わせが
相次いで寄せられているとのこと。

へーベルハウスは大丈夫なのか?
について書いていきます。



スポンサードリンク





へーベルハウスの安全性について


戸建て住宅の「ヘーベルハウス」を
手がけてきたグループの旭化成ホー
ムズは10月16日、「旭化成建材に
おける杭工事施工不具合および
杭工事施工報告書のデータ転用・
加筆について」と題した文書を
ホームページに公表。

ヘーベルハウスの杭打ちについて
説明しています。

それによると、

「グループ会社として深く反省し、心よりお詫び申し上げます」

としたうえで、

「今回の事案となった旭化成建材が施工した大規模建築物用の
杭仕様・工法は、当社のヘーベルハウス・ヘーベルメゾンには
使用していないということを確認しております」

と述べ、ニュースの取材でも

「戸建て住宅とマンションなどでは杭の仕様や工法が異なります」

と説明。ヘーベルハウスで使用している杭打ちは
旭化成建材のものではないということのようです。

ただ杭仕様・工法は違うと言って
おりますが、施工した会社がどこで
担当者が誰とは言ってないので、
ちょいと疑問が残るところです(´-∀-`;)



旭化成ホームズ(あさひかせいホームズ)は、
旭化成グループの住宅事業を担う事業会社で、
主力商品として戸建住宅ヘーベルハウス
(ドイツ語 Hebel Haus)があります。

ヘーベルハウスの最大の特徴は、
その名称の由来でもある建材
「ヘーベル」を外壁・床・屋根に
使用していること。

ヘーベルとはドイツのヨーゼフ・
ヘーベル社と技術提携して日本に
初めて導入したALC(Autoclaved
Lightweight Concrete)と呼ばれる
軽量気泡コンクリートのことです。

フジテレビの『ザ・ベストハウス123』
の「スゴいコンクリートBEST3」にも、
第3位:水に浮くコンクリート
「ALC ヘーベル」(2007年(平成19年)7月18日放送分)
としてその性能が紹介されるほど軽いコンクリートです。

ヘーベルは極寒のスウェーデンから
極暑のクウェートまで世界約20カ国
で生産・使用され、その優れた複合
性能により超高層ビルや公共施設、
文化財を保護する宝物殿まで、多彩な
施設に導入されています。

日本の代表的なところでは
東京都庁、横浜ランドマークタワー、
唐招堤寺新宝蔵殿にヘーベルが使用
されています。

また木と同等の調湿力を持つヘーベル
の特徴を生かし、湿気を嫌うお茶や
海苔の保存倉庫の外壁材としても使用
されています。

さらにヘーベルは耐火性能にも優れており、
ヘーベルハウスとして住宅性能表示制度に
おける最高等級の「耐火等級4」を有して
います。

ヘーベルはヘーベルハウスの主要構造には
鉄骨を使用、極低降伏点鋼を用いた制震構造を
標準仕様とし耐震性能は最高等級の「耐震等級3」
を有しているとのことです。

以上のことから、

・へーベルハウスは優れた素材でできている
・改ざんが行われた物件を担当している人が
 関わった物件は全国に41件で、すべて戸建て
 住宅ではない(改ざんした人が関わっている
 物件に戸建て住宅はない)

ということが言え、そこから
推察するに、へーベルハウス
は安全なのではないでしょうか。

というかそこかしこで改ざんが
行われているなんて思いたくも
ない><>
いやむしろ安全でなければ
いけません><>
なはずなのに、どうして住む
ところの安全すら確認しなくちゃ
いけない世の中なんだ(´-∀-`;)

後半ではネットの反応について
書いていきます。



スポンサードリンク





へーベルハウスとネットの反応


「ヘーベルハウス」といえば、
2015年9月10日午後、台風18号
などの豪雨によって茨城県常総市
で鬼怒川が決壊した際、その濁流
にも流されなかった2階建ての
「白い家」が注目されたことは、
まだ記憶に新しい。

洪水で流されてきた付近の住宅2軒や
倒木がぶつかっても、傾いたり、倒壊
したりすることはなく、2階ベランダ
に逃げた住民は自衛隊に無事救助され
たほか、流されてぶつかった住宅にも
人がいたため、

「これで何人もの命が救われた」

と、この白い家の頑丈さに驚き、
称える声がインターネットに
相次ぎました。

そしてその家は旭化成ホームズ
の「ヘーベルハウス」だという
ことが判明。その結果、

「ヘーベルハウスが最強だということを知った!」

などと、改めて高く評価を受けました。

がしかしそんな高評価もつかの間、
横浜市都筑区のマンション杭打ち
問題でインターネットには

「せっかく『ヘーベルハウス』でいい話題になったのになぁ・・・」
「洪水の時、おまえら『旭化成のヘーベルハウスは神!』だった。それが今回のおまえらは『ゴミ!』だ」
「マンションが傾いたら、会社まで傾きますた」
「1か月のあいだで旭化成ブランドが天国から地獄へwww

といった声が寄せられています(´-∀-`;)

ちなみに、ヘーベルハウスへの
評価が高まった9月10日の旭化成の
株価は914円。それが、同社が
謝罪会見を開いた10月20日には
年初来安値の694円まで急落しました。

以下ツイッター民がお送りします。















以上です!

それではここまで読んでくださいまして
ありがとうございました!

失礼いたします<(_ _)="">



スポンサードリンク




nice!(0) コメント(0) トラックバック(0) 

nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    トラックバック 0

    この記事のトラックバックURL:
    ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。