福岡県警の巡査長、女性に乱暴などの疑いで逮捕

 スマートフォンの出会い系アプリで知り合った女性に乱暴し、けがを負わせたとして、福岡県警は19日、春日署少年課の巡査長目野翔士容疑者(27)(福岡市博多区相生町3)を強姦致傷容疑で逮捕した。

 発表では、目野容疑者は19日午前4時15分頃、自宅アパートで、福岡市の20歳代女性を押し倒して乱暴し、全治1週間のけがを負わせた疑い。「無理やりではなかった」との趣旨の供述をしているという。

 県警によると、目野容疑者は約1か月前に出会い系アプリで女性と知り合い、19日午前1時頃に初めて会ってドライブをした後、自宅に向かったという。女性は乱暴された後、「トイレに行く」と言って部屋を出て、「性的暴行を受けた」と110番していた。

 鍛治田敬・首席監察官は「被害者と県民におわび申し上げる。事実関係を明らかにし、厳正に対処する」とコメントした。

2015年08月19日 23時20分


目野翔士のFacebook:https://www.facebook.com/MenoShoji

福岡県柳川市出身
福岡県福岡市在住
2006年、大牟田高校卒業
2011年、西南学院大学卒業





自動車ナンバープレート:久留米130 す 519

目野翔士
夢のランクル100後期買っちゃいました(^O^)
まほほんとにありがと(^ ^)
2012年5月9日
この車でドライブし、自宅で強姦したのか。




目野翔士
久々空手に顔出したら…
ガチな練習…
足の裏にマメできるし…
頑張りすぎやろ?(笑)
2012年8月7日
空手で鍛えた身体で女性を押さえつけ強姦したのか。黒帯の警察官に馬乗りされて、抵抗し逃げ出せる人はあまりいないだろう。



“警察官強姦傷害”女性はだしで逃げ出す

福岡県警の巡査長が自宅で女性に乱暴しけがをさせたとして逮捕された事件で、被害者の女性は、現場からはだしで逃げ出していたことが新たにわかりました。

福岡県警春日警察署少年課の巡査長・目野翔士容疑者(27)は、きのう午前、博多区内の自宅アパートで、出会い系アプリで知り合った20代の女性に乱暴し、けがをさせたとして逮捕されました。

女性は、隙を見て逃げ出し、近くのコンビニから110番通報していましたが、その際、靴を手に持ち、はだしのまま駆け込んでいたことが新たにわかりました。

取り調べに対し、目野容疑者は「無理やりではなかった」などと供述し、容疑を否認しています。

警察は、けさから目野容疑者の自宅を家宅捜索して容疑の裏付けを進めています。

8月20日(木) 12時43分



市民を守るべき警察官が強姦するなど言語道断。

「自宅にきたらえっちに合意したも同じ」とでも妄想してたんだろうな、この屑警察官は。警察学校では、嫌がる相手に性行為を強要してはならないとは教えていないのでしょう。

強姦警察官は大抵「無理やりではなかった」と言い訳する。それに合わせて取り調べ担当の警察官が、身内の犯罪者に都合の良い供述書を作文し検察官送致。時には証拠の改竄、捏造、隠蔽まで行う。検察官は警察官による性犯罪を不起訴にしてあげる社会正義を目指している。



目野翔士、検察官送致される
福岡県警の警察官“今度は性犯罪”



福岡県警の巡査長が、出会い系アプリで知り合った女性に乱暴し、けがをさせたとして逮捕されました。

「性犯罪の抑止」を重点目標に掲げている福岡県警、県民は、何を信じればいいのでしょうか?「地域の安全」と書かれたのぼりの前で写真に収まる男。

福岡県警春日警察署少年課の巡査長・目野翔士容疑者(27)です。

●会見する福岡県警・鍛治田敬首席監察官
「春日警察署員を強姦致傷容疑で逮捕いたしました。被害者、県民の皆様におわび申し上げます」

目野容疑者は、きのう未明に博多区内の自宅アパートで20代の女性に乱暴し、けがをさせたとして逮捕され、きょう午後、送検されました。

目野容疑者は、スマートフォンの出会い系アプリを通じて、被害者の女性と知り合っていました。

少年課に所属し、出会い系サイトなどを使った犯罪から子供たちを守るべき立場にありながら、あろうことか出会い系を悪用し、性犯罪に手を染めていた疑いがあるのです。

被害者の女性が、隙を見て部屋から逃げ出し、近くのコンビニから110番通報したことで事件が発覚しました。

取り調べに対し、目野容疑者は「無理やりではなかった」などと供述し、容疑を否認していますが、女性は、手に靴を持ってはだしのままコンビニに駆け込んでいました。

福岡県警をめぐっては、先月、小郡警察署の警部補が飲酒運転をして逮捕・起訴され、懲戒免職処分となったばかりです。

●大平記者
「『性犯罪の抑止』と『飲酒運転の撲滅』は、県警の重点目標に掲げられています。その両方の容疑で現職の警察官が逮捕されるという事態は、県民への裏切りとしか言いようがありません」

8月20日(木) 21時13分
逮捕から24時間程度で検察官送致はいつになく早い措置だ。被疑者が否認している案件で。性犯罪撲滅を掲げる中で現職警察官が強姦したことに福岡県警が激怒しているのか、福岡地検に不起訴にしてもらおうとしているのか。いずれにせよ福岡県警は本音では、県民に早く忘れてほしいと思っているだろう。


女性に乱暴容疑 巡査長を送検

春日警察署の巡査長がスマートフォンの出会い系アプリを通じて知り合った女性に乱暴してけがをさせたとして19日逮捕された事件で、警察は20日、巡査長を検察庁に送り、当時のいきさつを詳しく調べることにしています。
春日警察署の少年課に勤務する巡査長、目野翔士容疑者(27)は、19日未明、福岡市博多区の自宅のアパートで20代の女性に暴行を加えたうえ乱暴し、けがをさせたとして19日の夕方、逮捕されました。
警察は20日午後、目野巡査長を福岡県警察本部から福岡地方検察庁に送りました。
警察の調べによりますと、目野巡査長は、被害者の女性と1か月ほど前にスマートフォンの出会い系アプリを通じて知り合い、19日初めて直接会いました。
そして、女性を部屋に入れたあと、自分だけビールを飲んでいたということです。
警察によりますと、調べに対し、無理やりではなかったという内容の供述をし、容疑を否認しているということです。
警察は当時のいきさつを詳しく調べることにしています。

08月20日 17時39分
酒を飲んでいて心神喪失または心神耗弱でした。責任能力はありませんとでも弁護する予定か?





公の僕なのだから、市民を裏切る言動は許されない。





強姦警察官・目野翔士を処分保留で釈放、事実上の不起訴決定に続く。 (9月10日更新)
処分保留:福岡地検 強姦致傷容疑逮捕の巡査長を釈放

 福岡地検は9日、知人女性に性的暴行をし、けがをさせたとして強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕された福岡県警春日署の男性巡査長(27)=福岡市博多区=を処分保留で釈放した。地検は「任意捜査を続ける」としている。

 巡査長は先月19日未明、自宅アパートで福岡市の20代女性に暴行し、約1週間のけがをさせたとして逮捕されていた。県警によると容疑を否認していた。

【山本太一】
毎日新聞 2015年09月09日 21時53分





目野翔士は死ね。生きている価値はない。