【退職金】不祥事を起こしたので支給したくない

◆─────────────────────────────────◆
 ■ 拍子抜けするほど簡単な賃金制度の作り方セミナー
   【東京】11月22日(火) 10時~16時30分    
   【東京】 2月14日(火) 10時~16時30分    
      http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html  
◆─────────────────────────────────◆
中小企業の賃金制度は簡単なほうが良い。
賃金制度を作る定石はたったの4つ。
その定石を押さえ,あとは社長が好きに作ればよいのです。 
お申し込みは下記から
→  http://nakagawa-consul.com/seminar/002.html
☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――
社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
労務管理に奇策なし!大企業20年、中小企業13年 人事労務畑一筋で
現場をはいずりまわった人事労務担当者が中小企業経営者のために語る
発行者: 中川清徳  2016年10月29日号 VOL.2875
――――――――――――――――――――――――――――――――――
フルーツを動員して硬い肉を柔らなく
(続きは編集後記で)

◆────────────────────────────────◆
 【退職金】不祥事を起こしたので支給したくない
◆────────────────────────────────◆
中川 こんにちは。
社長 こんにちは。
   Aさんのことで相談します。
   Aさんが金銭横領をしていることが分かりました。
   それで辞めてもらうことにしました。
中川 そうですか。
社長 で、退職金は全額不支給としたいのですがOKですか?
中川 勤続何年ですか?
社長 10年です。
   面倒を見ていたつもりなので裏切られた思いが強いです。
中川 退職金はいくらですか?
社長 自己都合退職であれば60万円です。
   しかし、裏切り者に払いたくありません。
中川 で、金銭横領の分はどうしたのですか?
社長 全額返済してもらいました。
   親戚から借金をしたようです。
中川 で、退職は懲戒解雇ですか?
   それとも自己都合退職(自主退職)ですか?
社長 家族もあるので、あとあと困るだろうと思い
   自己都合退職としました。
中川 退職金規程を拝見します。
   ふーん。
   どこにも減額のことが書いてありませんね。
   退職金の不支給は無理があります。
社長 退職金規程に書いてないからですか?
中川 そうです。
   裁判で争われたら会社が負けます。
社長 たかだか、60万円ですよ。
   裁判沙汰になるとは思えませんが。
中川 そう思いますが、原則として退職金規程あるいは
   就業規則にその根拠が必要です。
   また、根拠があったとしてもまったく支給しないことは
   難しいです。
社長 そうですか。
   腹立ちますね。
   法律は経営者の敵だと思うことがよくあります。
中川 逆に法律で経営者が守られていることもありますから、
   そう否定ばかりしないで。
社長 とにかく、払いたくありません。
中川 それは感情論ですね。
   中川は理屈を申し上げています。
社長 感情論といわれようと、払いたくないものは払いたくない!
中川 じゃあ、払わないで。
社長 え?
   そう簡単に賛同されると拍子抜けします。
   大丈夫ですか?
中川 大丈夫ではありません。
   しかし、社長が払いたくないとおっしゃっているのです。
   中川は、法的には払わないのは無理があると申し上げています。
   法的なことは無視して感情にまかせて払わないのであれば
   それ以上、中川は申し上げようがありません。
社長 訴訟になったら負けますか?
中川 なにをびびっているのですか。
   払いたくないのでしょう?
   訴訟になったらそのときと腹をくくるのです。
   たぶん、負けるでしょうが...。
社長 ふーん。
   妻と相談します。
中川 それがよろしいでしょう。

(中川コメント)
不祥事によって退職金を減額することは可能です。
できれば退職金規程あるいは就業規則に明示しておきましょう。
ただし、よほどのことがない限り、全額不支給はできないと
思ってください。
敗訴覚悟で全額不支給もありでしょうが、推奨しません。
判例では事業主が負けている例が多いです。
あなたの会社の就業規則か退職金規程に、退職金の減額について記載されて
いますか?

◆─────────────────────────────────◆
    ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています      
◆─────────────────────────────────◆
ご質問、ご感想、ご意見をお待ちしています。
→ http://form.mag2.com/stewiobour

◆─────────────────────────────────◆
    編集後記      
◆─────────────────────────────────◆
フルーツを動員して硬い肉を柔らなく
もも肉やパラ肉のような硬い肉は、パパイャ、キウイ、生のパイナップル
などのフルーツを利用しましょう。これらのフルーツにはパパイン、
ブロメリンなどの、タンパク質を柔らかくする酵素が含まれています。
その効果は、前もってすり下ろした果実に漬けておくなら30分ほどで十分。
(裏ワザ・アイディア便利帳 サプライズBOOKより)

◆─────────────────────────────────◆
 賃金制度の診断をいたします
◆─────────────────────────────────◆
賃金制度の診断をいたします。ご希望の方は下記からお申し込みください。
https://nakagawa-consul.sslserve.jp/service/wage_system.html
◆─────────────────────────────────◆
    ご注意      
◆─────────────────────────────────◆
このメルマガは、わかりやすさを重視しています。
そのため、用語の使い方、表現の仕方等が不正確な場合があります。
むつかし法律条文をわかりやすく説明するために正確な表現を
犠牲にしています。正確な情報を記載しょうとすれば、お役所の文書と
同じになります。結局わかりにくい記事になり、役に立ちません。
正確な情報を期待される方には、その期待にお応えできません。
このメルマガを解除してください。
このメルマガ記事による損害賠償には一切応じられないことを申し添えます。

◆─────────────────────────────────◆
メールマガジン社長、上司が「あの人はすごい!」といわれるピカイチ情報
☆発行責任者 有限会社中川式賃金研究所 所長 中川清徳
☆公式サイト http://nakagawa-consul.com
☆問い合わせ QWK01012@nifty.ne.jp
☆バックナンバー http://archive.mag2.com/0000283000/index.html
☆登録・解除 http://www.mag2.com/m/0000283000.html
      
◆─────────────────────────────────◆