【人気YOUTUBER達の炎上事件簿】YOUTUBERになりたい人は先輩の不祥事から学ぶべし。

 

こんにちは。管理人です。最近、チェーンソーでヤマト運輸に乗り込み、恫喝した(自称)Youtuberが逮捕され、その際に投稿した動画が炎上しましたよね。

 

インパクトのある動画は、視聴者の気を引くことはできるけれど、あまりに過激すぎると批判され炎上します。それは、人気YOUTUBERにおいても同じことです。そこで今回の記事では、「人気YOUTUBER達が過去に起こした炎上事件」をわざわざ掘り返していきます。

 

人気YOUTUBER炎上事件簿

 

それでは見ていきましょう。今回の調査の対象は、国内登録者ランキングベスト50 で 顔出しで活動を行なっているYOUTUBERが対象となっています(2016/1/8 現在)。

 

1.「はじめしゃちょー」の炎上動画

 

人気NO.1ユーチューバーはじめしゃちょーが「ニベアクリームでお風呂作ってみた Nivea creme bath」という動画が炎上しました。動画の内容は、肌荒れがひどいので、ニベアクリームを100個使った“ニベア風呂”に入ってみたというものです。「これはふざけすぎ」「ニベアの無駄使い」など、多くの批判が寄せられる形となっていました。

 

【謝罪動画】

【追加:2017年 4月】

 

はじめしゃちょーが投稿した『ゴルフクラブ真っ二つ動画』です。広田ゴルフ(メーカー)が「頑張って製品化した商品をこのように扱われ残念です」と遺憾の意をあらわにしました。

 

 

2.「Hikakin TV」の炎上動画

 

元人気NO.1YOUTUBERのHikakinが「初めてあけびを食べたら・・・」という動画で炎上。動画の内容は、あけびの甘い可食部である種周りを便秘になるからと言う理由で捨て、皮の内側を食べ始めるヒカキン。苦い、ゴーヤーみたいと言いながら悶絶する内容です。しまいには、「スーパーの人見てますか?これ売っちゃ駄目な味してますよ」と笑顔で苦言します。

 

【謝罪動画】

 

3.「木下ゆうかYuka kinoshita」の炎上動画

 

大食い動画で有名な木下ゆうかさんが、熊本地震翌日の動画で炎上しました。その時の動画内容は消されて残っていないのですが、動画の冒頭で、「熊本の震災は大変でいたね〜フフッ。でも、私は〜食べます!!。お肉美味しそうでしょ。これ見て元気出して。」と述べたようです。不謹慎だと思われてもしょうがないですね。

 

4.「水溜りボンド」の炎上動画

 

2人組の人気YOUTUBER水溜りボンドの「電子レンジでノートをチンしたら文字が消えた」という動画を子どもがまねし、ノートが黒焦げになったという話題から炎上しました。動画を投稿した水たまボンドは、「注意が足りなかった」として動画を削除し、謝罪しています。

 

【謝罪動画::2017年5月 現在非公開】

 

5.「マックスむらい」の炎上動画

 

マックスむらい率いるAppBankの動画「みんなの意見を合わせた最高のiphoneケース作ります!これが2016年の集大成だ!」が炎上しました。iphoneケースの盗作疑惑が炎上の原因です。それにしても、AppBankは何かと問題が多いな。

 

○盗作が判明したツイート

 

【謝罪動画】

 

6.「PDSKabushikiGaisha」の炎上動画

 

PDS株式会社のダンテがエイプリル・フールに投稿した動画「飼い猫POPが昨夜死にました」が炎上しました。動画の内容は、ペットの猫(POP)を踏みつけて殺してしまったというものです。その際の死に方も、生々しく語っています。いくらエイプリル・フールとはいえ、ネタにしてはいけない内容です。

 

7.「ヒカル」の炎上動画

 

 

金持ち(金遣いが大胆)YOUTUBERのヒカルの動画【昔3万で購入した18金ネックレスを売ったらとんでもなかったw】【総額500万円の宝石をいきなり出されて無理やり買わされた…】【ヒカル父が母にあげたダイヤの指輪を売ってみたw】などの数日間の一連動画が炎上しました。※今回は、低評価の多い、最後の動画だけアップしています※。「最近のヒカルは調子に乗っている」「多額の現金のやり取りにドン引き・・・」といった批判が上がりました。

 

【謝罪動画】

 

8.「禁断ボーイズ」の炎上動画

 

禁断ボーイズは、動画ではなくTwitterでの炎上です。秋葉原で釣り糸を張っているところを晒されて炎上しました。ただし、信憑性に欠ける内容ですし、本人達もしっかりと反論しています。ありもしない事を言われるのは、有名税というやつでしょうか。

 

 

【反論内容(現在ページ不明)】

いっくん
フォロー外から失礼します。こちらのツイートですが怪我をした通行人はいませんでした。 通行人が怪我をしたという事実がないにもかかわらずSNSを利用し不特定多数に虚偽の風説を流布することは 刑法233条信用虚偽罪に該当すると思いますのでツイート削除してもらえませんか?

 

9.「Masuo TV」の炎上動画

 

ヒカキンの幼馴染でYOUTUBERのMasuo TVの動画「悲報 ベタ男が・・」が炎上しました。動画の内容は、ペットの金魚「ベタ男」が死んだ報告と、お墓に埋めるまでの流れです。ただし、本動画にも収益の為の広告が付いていたため、「生き物の死さえお金に変えている。」と批判されました。それに対するMasuoさんの反論内容も再炎上の原因です。

 

【Masuoさんの反論(原文のまま)】

Masuo
は?ふざけんなよ!。ベタ男飼ときに応援したり、アドバイスしてくれた人達に、愛情注いでたけど死んでしまったことを報告するのは責任だろ?低評価がたくさんつくのなんてはじめからわかっているけれども、それでも後悔しなきゃならないと思ったからしとんだよ!。

 

10.「TOMIKKU NET」の炎上動画

 

はじめしゃちょーの動画でよくいじられることでお馴染みの、トミックさんも過去に動画で炎上しました(現在、動画は消去)。プレゼント企画を利用した、アフィリエイト(あるサイトに登録すると、手数料として、紹介者にお金が入る仕組み)の勧誘があったそうです。その後、炎上して当分の間活動を自粛します。現在は、復帰しています。

 

【復帰動画】

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。今回は「人気YOUTUBERが起こした炎上事件簿」を紹介してみました。   YOUTUBUEをやる上で、自分の撮りたい動画を撮るということも大切ですが、人気ものになればなるほど、見ている視聴者への影響も考えなければなりません。どういう動画はアウトなのか、先輩YOUTUBER達の過去の失敗は参考になりそうです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

↓面白いと思ったらシェアするボタン↓

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です