JR北海道がこれでもかというくらい不祥事を起こしている。

個人的にも先日札幌に旅行したときにJRを使ったので、このニュースはかなり引っかかっていた。
そして新千歳空港に降り立ち、電車で札幌を目指すと、なぜJR北海道であんな事件が起こるのかが秋とは思えない肌を刺す寒さとともに、痛切にかんじさせられた。
北海道という広大な大地は、鉄道で収益をあげるには広すぎる。
恵庭市辺りを通ると、何もない広大な平原に、一直線に線路が敷かれているのがわかる。

新千歳空港―札幌間でそんな感じなのだから、札幌を離れたローカル線だとどうなってしまうのだろうか。
ちなみにJR北海道の駅のトイレは異常な程汚かった。
多分各駅のトイレの修繕にまで金がまわってないのだろう。。。

なぜJR北海道がこんなに不祥事起こしまくるのかは上に引用した記事の通り。
これからどうなるのかよくわからないけれども、今後地方の鉄道会社はバタバタ倒れていくような気がする。
僕はJRって各社経営安定してるんだとばっかり思っていたけど、そんなことは全くなかった。

この記事ではそんなJR北海道がなぜ誕生したのか、どういう経営状態になってるのかを見て行きたい。

1987年4月、国鉄が民営化されて、JRが誕生した。
その際国鉄は12法人に分割された。
その中で、実際に線路を持っているのは6社。

ざっくりしたエリア的には、

北海道
東北+関東
中部
北陸+近畿+山陰山陽
四国
九州

というわけかたになっている。
新宿駅とかでもなぜか「東北に行こう!」みたいな看板ちょこちょこ出てるけど、
JR東日本としては東北地方は不採算部門なので、なるべく関東から人を流したいという思惑があるのだろう。

明らかにこのわけかただと、JR東日本JR東海JR西日本が有利になるのは火を見るより明らかだ。
同じJRでも、地方によって随分格差がある。
鉄道に詳しい人らは、JR北海道・四国・九州をあわせて「三島会社」と呼んでいるらしい。
とにかく三島会社の経営は、本州の三社にくらべて明らかに不利である。
2011〜2013年の経常利益(損失)を調べてみたら、やはり全然違う。

2011 -418 254,564 228,592 68,900 -1,544 4,650
2012 -4439 272,182 263,805 82,400 -625 10,281
2013 986 317,487 328,099 104,600 2,299 7,587

JR北海道がなぜこんなに儲けが少ないかというと、
1)車社会で利用者が少ない
2)ただでさえ人口密度低いのに、過疎化が始まっている
3)国鉄時代に公益性の観点でつくられた走らせれば走らせる程赤字垂れ流す路線しか持ってない
4)冬は厳しい寒さで人件費が膨大にかかる
5)鉄道関連事業(レジャー・不動産)の儲けがそこまで大きくない
と、まあこの辺りが要因として大きいと思われる。

一番まずいのは国鉄時代につくられた採算度外視の路線を抱えていることで、
札幌周辺の路線だけならまだいいだろうが、他のエリアはそもそもコストが売上上回るようになってる路線っぽい。

今回の一連の不祥事でも、やるせないのは、けしてJR北海道が怠惰で傲慢な殿様商売やってる会社だからではなくて、
民営化されてから経営努力を重ねた結果、社員の質が下がってしまったことから起きてるということだ。
不採算路線しかないのだから、それで儲けを出そうとしたら極限までコストカットするしかない。
そら多少レールが広がってても「失念する」*2し、ハンマーで機械ぶん殴る運転士も採用せざるを得ない。

ちなみに、本州三社の方のJRは株式上場を果たしている。
三島会社の方も、株式上場を「民営化の完了」として最終目標にしている。
しているが、現実問題その目処は立っていない。

そんなヤバイ三島会社だけども、実は鉄道事業は赤字でも、資産運用では大成功している。
そのカラクリを説明しよう。

財務諸表を見てみると、営業利益に関してはきっちり毎年赤字出している。*3
つまり本業の鉄道業務・鉄道関連のサイドビジネスでは完全に経営が破綻している。
ところが不思議なことに、営業利益に営業外収益/費用を加えた経常利益については、黒字になっている年がある。
よく見てみると、ものすごい収益をたたき出している勘定項目を見つけることができる。
その名も「経営安定基金運用収益」。2013年には約250億円の収益をたたき出している。
しかもよく見ると、2013年だけでなく、毎年毎年安定したリターンを得ている。
ヘッジファンドも真っ青の資産運用である。

もちろんこれには裏がある。
JR北海道の株式は非上場で、その100%を鉄道運輸機構*4が保有している。
国鉄が分割民営化された際に、三島会社の収益性には既に疑問符がついていた。
なので優秀な官僚たちは、三島会社のためにすごく複雑な支援スキームを作ったのだった。
2013年3月の時点JR北海道は7327億円を、経営安定基金として鉄道運輸機構に「融資」している。
年利は3.73%
この低金利時代に、ものすごく高い利率だ。
なぜ毎年安定したリターンを出せたのか、その理由がここにあった。
要するに経営安定基金というのは、JR北海道に対する事実上の補助金なのである。

三島会社の中では、JR北海道が圧倒的に鉄道運輸機構への依存度が高い。
その次がJR四国、その次が九州という感じ。

いずれにせよ、クソ僻地の鉄道が潰れようが関東住みの俺には関係ないと思っているのだとしたら、
それは勘違いで、こういうスキームを通じて、国民の税金で処理してる部分もいくらかある。

  • まとめ

国鉄が非効率的な組織だったのは疑う余地がないんだけども、じゃあ民営化すれば何でもいいかという訳でもない。
その一例がJR北海道であるように思われる。
国有化もダメ、民営化もダメなら、
公益性を保ちつつ、その枠の中で効率性を追求する半官半民の組織みたいなのを作れないかと思ったんだけど、
それだと第三セクター方式であって、第三セクターってだいたい失敗してたなあと。

いい解決策は思い浮かばなかったが、
とりあえずこの記事ではJR北海道の現状、設立の経緯、経営安定基金のスキームをまとめた。

  • 参考にした記事など