金融ポスト★Financial Report

2012/04/27

◆愛知の尾西信金の支店長代理、6080万円着服

愛知県の尾西信用金庫(本店・一宮市)は4月6日、今
西支店(同市今伊勢町)に勤務していた支店長代理だっ
た男性職員(36)が顧客の預金口座などから6080万
円を着服していたと発表した。

同金庫によると職員は今西支店で集金を担当していた去
年2月から今年の3月2日の間、顧客から預かった現金
やキャッシュカードなどを利用して着服・流用と穴埋め
を繰り返していた。

ギャンブルや高額な育毛剤セットの購入などのために消
費者金融から借金をし、その返済に着服金を充てていた
らしい。顧客の親族からの照会で調査。預金に不審な動
きが認められ、支店長代理に事情聴取したところ、3月
9日に着服を認めて事件が発覚したという。発覚時の着
服額は約3790万円という。

同金庫では3月29日付で懲戒解雇。ホームページ掲載
のニュースリリースでは、すでに監督官庁や所轄の警察
署に報告し、さらに管理監督者についても厳正な処分を
行う予定としている。

■同金庫ホームページ
http://www.bi-shin.co.jp/

◆トマト銀行で626万円の着服・流用発覚

トマト銀行(本店・岡山市)は3月26日、赤穂支店
(兵庫県赤穂市)の渉外担当の男性行員(27)が、顧客
の定期預金など626万円分を不正流用したと発表した。
同行は同日付でこの行員を懲戒解雇したという。

同行によると、この行員は今年2月下旬、取引先の個人
事業主から申し込まれた500万円の融資を断りきれず、
ほかの顧客の定期預金を解約するなどして約630万円
を流用し、正規の手続き経ずに貸し付け、さらに一部は
自分で使い込んでいたという。

同行ホームページに掲載のニュースリリースには、
「自己の生活資金への充当が26万円」
「本人および家族より全額弁済されております」
「被害金額につきましては全額返済されております」
「監督官庁へは、法令に基づく届け出を行うとともに、
警察へは通報済みです」
などと書かれている。

「不正流用」であり「横領・着服」事件であることをし
っかり認識し、さらに確かな事後処理と改善策を進めて
ほしいものだ。
http://www.tomatobank.co.jp/

◆栃木の烏山信金でも職員が1662万円流用

栃木県の烏山信用金庫(本店・那須烏山市)でもトマト
銀行と似たような不祥事が起きている。

同金庫は4月13日、本店営業部の男性職員(34)が、
申し込みを受けた住宅ローンを実行できなかったため、
ほかの顧客6人の預金計1662万円を勝手に流用して
それに充てていたと発表した。

同金庫によると、その職員は2010年5月、那須烏山
市内の男性顧客から約1000万円の住宅ローン融資申
し込みを受けた。顧客は、仮審査が通ったところで家の
建設に着手したが、保証会社の審査が滞ったこともあり、
職員は正規手続きのローンを断念。昨年5月、担当して
いた別の顧客から預かっていた定期預金証書と払戻申込
書を使って預金を引き出し、それを勝手にローンの支払
いに充てて建設会社に渡していたという。

この流用が発覚しないように別の顧客の預金を充てる手
法を繰り返し、昨年11月までに6人の預金計1662
万円を流用していたという。

顧客のうちの1人が不審に思い発覚。その職員は、住宅
ローンの申し込みを扱うのは初めてで、金庫の調べに対
し、「自分の能力が低く、受けたローンを処理できなか
った」などと話したという。

同金庫は、この職員を昨年12月15日付で懲戒解雇に
したという。私的流用はなかったため刑事告訴はしない
方針としている。

それにしても発覚・処分から4カ月も経ってからの発表
というのは、あまりにも遅い。
http://www.karashin-bank.co.jp/

◆一関信金では元支店長代理が1億円超を着服

震災被害地・岩手県の一関信用金庫(本店・一関市)は
3月29日、平泉支店の支店長代理の男性職員(34)が
顧客の預金計1億130万円を着服していたと発表した。
その職員は3月26日付で懲戒解雇された。

職員は、三関支店と平泉支店の支店長代理だった08年
7月〜今年2月、顧客の定期預金を勝手に解約して着服。
顧客に払い戻しを求められると新たな着服を繰り返して
穴埋めし、計16人の口座から1億円以上に上る預金を
着服していた。発覚時には13人の預金計3542万円
が返金されていなかったという。

顧客からの問い合わせによる内部調査で発覚。元代理は
「横領した金は車の購入費や旅行費用に使った」と話し
たという。

同金庫は、この不祥事とともに今後、内部監査を一層強
化して信頼回復に取り組むとコメントし、さらにほかに
横領がなかったかを調査すると発表した。

まだ、調査が継続中ということだから、さらにこれから
全容をしっかり解明し、それらを公表し、再発防止と信
頼回復に確実につながる対策を取っていってもらいたい。
http://ichinoseki-shinkin.jp/

==================================================

【お知らせ】
本誌主幹・薮崎英源著『安心の原点――義と法とルール
のメッセージ』(イーストプレス刊)が絶賛発売中です。

東京地検元特捜部長、石川達紘弁護士(元名古屋高検検
事長)も「本書は現代型犯罪を克服するための社会に向
けた力強いメッセージだ。ここに指摘されている『義』
の再構築は『究極の刑事政策』とも言えるかもしれな
い」
と推奨!

金融犯罪についても多くのページが割かれています。ご
愛読のほどをお願いいたします。(編集部)

■アマゾンの紹介ページ
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%89%E5%BF%83%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%82%B9-%E8%96%AE%E5%B4%8E-%E8%8B%B1%E6%BA%90/dp/4781603319

==================================================
★☆金融110番☆★
金融ポスト編集部では、金融機関の最近の貸し渋り問題
などの取引上のトラブル、改善点などの調査・報道をし
ていきます。情報ご意見等をお寄せください。
  e-mail:kinyupost@bird.ocn.ne.jp
==================================================
★本誌バックナンバーは以下でご覧ください。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000094996
==================================================
☆本誌は独自の配信と以下のメルマガ発行スタンドを利
用して発行しています。メルマガスタンドによる購読の
変更や解除は下記からお願いいたします。

<発行スタンド> 
まぐまぐ < http://www.mag2.com/>   ID=94996
melma!    < http://www.melma.com/>    ID=74131
 同      < http://www.melma.com/>    ID=53239
==================================================
◆お薦め e-hon ◆
薮崎英源著『安心の原点――義と法とルールのメッセー
ジ』(イーストプレス刊)
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032378282&Action_id=121&Sza_id=B0
=====================================================
■本誌記事の無断転載はお断りします。
Copyright(C)2002-2012 Kinyupost All rights reserved.