スポンサードリンク
川端アナがフジテレビから左遷されたことが、27時間テレビで明らかになりました。川端アナが左遷の理由を長谷川豊アナのように真相を説明するのか、フジテレビの韓国優遇と関係があるのか気になりますね。


(1)長谷川豊アナウンサーの不祥事とフジテレビ関係者

長谷川豊アナウンサーが横領の不祥事で、退社したことがが話題となったことを覚えている方は多いと思います。フジテレビ関係者が、長谷川豊アナウンサーに不利になる情報を社内に流布したり、報道陣にリークしたことが真相のようですね。

長谷川豊アナウンサーは、新入社員に降格となりましたので退職金が1000万円以上減額されたことで、退職してから真相を自分で伝えることを決意したようですね。長谷川豊アナウンサーの事例を見ると、フジテレビは社内闘争が激しいことが分かります。
スポンサードリンク

(2)川端健嗣アナウンサーの異動が27時間テレビで発覚

川端アナ左遷理由とフジテレビの韓国破綻について、2013年8月7日の日刊ゲンダイが、入社29年目で“左遷” フジ川端健嗣アナに何が…を報じているので見てみましょう。
  1. 川端健嗣はフジテレビの男性アナウンサーで有名
  2. 2013年8月3日~4日放送のフジテレビ27時間テレビ
  3. さんま・中居の今夜も眠れないの途中で中継リポーターとして登場
  4. FNS歌謡祭司会のトレードマークであるタキシード姿で中継
  5. 川端健嗣の名前の上にCXアナ→BSフジ広報局専任局長の文字
  6. 明石家さんまが「川端。若手女子アナから嫌われてるよ」とヤジ
川端アナはテレビ中継にしばらく登場していなかったですが、フジテレビに左遷されたことが理由であったようですね。川端健嗣アナの左遷は、フジテレビ27時間テレビのテロップで発覚しています。

明石家さんまが、川端健嗣アナが女子アナから嫌われていると発言したようですね。川端健嗣アナへの冗談であるのか、人事評価で行われている360度評価や何らかのコンプライアンス上の問題が発生したのか気になりますね。

フジテレビCM不調で倒産危機を見ると、27時間テレビの失敗により視聴率が1桁に低迷しています。フジテレビにCMを出稿する企業が減少しており、早速影響が出始めているようですね。

(3)川端健嗣アナウウンサーが左遷された部署の理由

  1. 2013年7月1日付で人事異動
  2. フジテレビ左遷前 フジテレビアナウンス室デスク統括担当部長
  3. フジテレビ左遷後 BSフジ広報局専任局長
  4. BSフジ広報局 川端アナの出向で、広報局専任局長を新設
  5. BSフジ広報局 今回は全体的に大幅な部署の再編があった
  6. フジテレビ広報部 6月末の定期異動の一貫ですので、特に理由はない
川端アナはフジテレビから出向しましたが、新しいポストが新設されていますね。大企業は社員をリストラするときに、子会社に出向させて肩書きはよくなるものの、部下のいない名ばかり管理職が有名ですね。

長谷川豊 写真と横領否定の証拠のように、フジテレビは社内争いで人事の事例が発令されていますが、川端アナも何らかの問題に巻き込まれたのか気になります。半沢直樹視聴率速報フジテレビ倒産危機を見ると、フジテレビは視聴率が4位に転落しており業績不振が続いていることが、リストラの背景なのかもしれないですね。

(4)川端アナの経歴とフジテレビの韓国重視

  1. 東京・銀座の出身
  2. 小学校から大学まで立教
  3. 1984年 フジテレビに入社
  4. ニューヨーク支局での勤務経験
  5. ニュース番組ではメーンキャスター
川端アナの経歴を見るとニューヨーク支局に勤務していますが、長谷川豊アナウンサーもニューヨーク支局勤務中にトラブルに巻き込まれていますので、安泰ではないことが分かります。
フジテレビは日本より、韓国を優遇していることで有名なテレビ局ですが、韓国経済の悪化による破綻危機が指摘されておりメディア対策の予算が減少しています。夕刊フジが日本人狩りについての報道も行っており、川端アナがフジテレビの韓国に関する問題で何か触れたのか気になりますね。

(5)フジテレビの番組打ち切り

フジテレビは韓国ゴリ押しに失敗して凋落しており、番組の打ち切りが相次いでいますが、川端アナの左遷やリストラなどへの影響が気になりますね。

フジテレビの番組編成が迷走しており、韓国重視の番組編成は視聴者のニーズとはかけ離れていたようですね。フジテレビは韓国番組や韓国音楽で、子会社のDVDやCD販売、コンサートにより多額の利益を稼ぎましたが、日本と韓国の関係正常化で視聴率が低迷して4位になっていますね。スポンサードリンク

::


0 件のコメント:

コメントを投稿

Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。