東芝は不正会計、不適切会計?結局どっちなの?

2015年は例年に増して企業の不祥事が何かと話題になりました。会計関係の不祥事といえば、東芝の不正会計の問題です。

白物家電から原発まで幅広く事業を展開している巨大企業の不正会計ですので、多くのニュースや新聞で連日取り上げられました。そのため、経営者やビジネスマンだけではなく一般の方にも広く知られた事件でした。

この事件で印象に残っていることは、当初は「不適切会計」と呼ばれていたのが、ある時点から「不正会計」もしくは「会計不祥事」に変わったことです。実際、「不適切会計って何?」「不正会計との違いは?」とよく質問を受けました。

似たような言葉がニュースに氾濫したため、混乱された方も多かったのだと思います。そこで今回は、不正会計と不適切会計の違いについてお話させていただきます。

会計上の誤りには「誤謬」と「不正」がある

会計監査の世界では、会計上の誤りに対して「誤謬(ごびゅう)」と「不正」の2つの言葉を定義しています。

また似たような言葉として、新聞やニュースなどで「粉飾決算」という言葉も目にすると思います。会計監査六法上では、いわゆる粉飾決算は不正会計に含まれる見方をしております。

誤謬も不正も会計上の誤りが生じることですが、誤りが意図的であるか否かに違いがあります。誤謬と不正の違いについて表1にまとめました。

[表1]会計上の誤り「誤謬」と「不正」


会計上の誤謬は実務の中で発見される

誤謬は簡単に言うと会計上のケアレスミスです。人が作業を行う以上、常に起こり得ます。

しかし、ミスは社内で決算書を作成する過程や監査法人による監査の過程など、実務の中で発見されることが多く、その場合は決算発表前に修正されるため、通常は大きな問題とはなりません。

逆に言うと、多くの誤謬があるのであれば、企業が内部統制上の重要な問題を抱えているといえます。

不正会計が社内で是正されることはない

一方で不正会計は、不当もしくは違法な利益を得るために、経営者が意図的に不正な会計処理で歪んだ決算書を作っている場合です。

不正会計をしている企業では、意図的に決算情報がゆがめられていますので、多くの場合は社内のチェック機能が有効に働きません。特に経営者の指示で組織的に不正が実行された場合は、組織のチェック機能が無効となっているので、会社の決算実務の中では不正会計が是正されることはありません。

よって不正会計の情報に基づいて決算書の作成・開示へと進んでしまいます。多くの場合、不正会計が一度実行されてしまうと、辻褄を合せるために不正な会計処理や決算を継続してしまいます。

その結果、不正会計による損失が何年にも積み重なり、最終的には巨額な損失となってしまうのです。

不適切会計とは?

冒頭の東芝の不正会計問題ですが、当初は多くのメディアで「不適切な会計処理」もしくは「不適切会計」という言葉が並びました。

不適切な会計処理は「意図的であるか否かにかかわらず、財務諸表作成時に入手可能な情報を使用しなかったことによる、又は誤用したことによる誤り」と定義されます。つまり「不適切会計」とは、決算書に誤りが発見され、誤りが「意図的であるか否か」が不明な段階での表現なのです。

東芝のケースでは、不正会計問題が発覚された当初は調査中だったため「不適切な会計処理があった」と呼称されていたと思われます。その後の調査で誤りが意図的だった、すなわち会計上の不正であったことが判明したので、「不正会計」や「会計不祥事」など表記されるように変わっていったのだと思います。

東芝は不正会計?会計不祥事? メディアによって呼称は様々

現在でも「不正会計」「会計不祥事」「利益水増し問題」など、マスメディアによって呼称は異なっています。(表2)

[表2]大手メディア5社の”東芝問題”の呼称


※2016年1月14日時点で各社WEBサイトより引用。
本気経営.com編集部独自調査。

東芝のHPや読売では現在でも不適切会計問題と表記しています。

前述のように不正会計と不適切会計では明確に定義が異なります。東芝の問題を未だに「不適切会計」と呼ぶ理由は、今回の会計の誤りに関して「意図的であるか否か」の認識が、各社で異なるということなのでしょう。

東芝は粉飾決算ではないのか?

いわゆる「粉飾決算」という言葉を良く耳にすると思いますが、粉飾決算は、先述の通り不正会計の中でも強制捜査が入った場合を指すことが多いようです。

今回の東芝の不正会計問題では、現時点で東芝本体や旧経営陣に対して強制捜査は行われていません。したがって、今後も「不正会計」や「会計不祥事」の表現が使われていくと考えられます。

まとめ

企業を不正会計へと向かわせる心理としては「今回だけ不正したとしても、いつかは帳尻が合うだろう」等の思いがあるかもしれません。

しかし、企業は会計を通して業績や財政状態を適切に報告・説明する責任があります。そのため、不正会計をするということは、企業としての責任を放棄することなのです。

会計は自社の状況を適正に示す鏡です。不正会計への誘惑に負けず、適切に会計処理を行うことで、企業としての責任をしっかり果たしていきたいものです。

江黒公認会計士事務所 江黒崇史