0

不祥事の未然防止は、不祥事に至る「原因」や「要因」を取り除くことです。

なぜ ”三菱自動車は再三不祥事を起こすのか”、 なぜ ”防ぐことが出来なかったのか”

貴方は、どのように思われますか。

 

既にご存知だと思いますが、本年4月に燃費データの不正が発覚し当該車種の販売自粛や、当該車種ユーザーへの損害賠償などで多額の損失を出したにもかかわらず。その後も不正測定が続けられていたことが9月15日の国土交通省の立ち入り検査で発覚した。

それも4月以降に不正が発覚した9車種のうち8車種で行われていたと伝えられています。

また、三菱自動車の担当者は不正であることを知りながら続けていたと語っています... なぜ ...

 

この状況を受けて国土交通省は三菱自動車に対し「常軌を逸する事態」だと会社の体質を批判しましたが、なぜこのような事態を招くことになったのでしょうか、リスクマネジメントの専門家である私にとっては非常に興味深い事案ですので、その原因や要因について迫ってみたいと思います。

 

 

4月の不正発覚後、当時の同社社長や会長(現会長兼社長)は反省を口にし謝罪したにもかかわらず、なぜ不正な燃費測定を続けていたのか理解など出来ませんが、不正の闇に隠れている「不祥事を起こさせる原因や要因」を自ら明らかにし、社会に公表しない限り会社の体質は変わらないと私は考えています。(曝け出すことが重要なのです)

ここに変わろうとする姿勢が表れるのです。

 

益子会長兼社長は、記者団に対し「お客様第一、コンプライアンス第一、この基本的な考えが見失われていた」と前回同様の謝罪を口にしましたが、おそらく多くの方は期待できないと思われているはずです。

 

まずは、なぜ不正な燃費測定を続けていたのか? 

ここには、続けなければならなかった原因が必ずあります。

(関係者ではない限り真因は掴めませんので、あくまでも想像です)

 

仮説を立てて本事案を検証してみます、

・本事案は従業員が単独で行えるような不正ではありませんので、組織的に行っていたはずです。

 発覚すれば会社の存続にも関わる不正を一般従業員や管理職が独断で行うことなどありえません。

 (事業所/開発現場が単独で行うこともありません)

・上層部(三菱自動車本社)からの指示か圧力があったはずです。

 その指示か圧力を受け事業所(開発現場)側が組織的に続けていたと思えます。

 

ではこのような指示や圧力は、誰が行うことが出来たのでしょうか......

 

 

このようなことが出来るのは権力者しかいません。

しかし、発覚すれば会社の存続にも関わる不正を一権力者が独断で行った... ? 

そのような不義を働く度胸があるとも思えません。

 

そうなると残るのは、本社圏の経営陣の総意で行われていたのではないかと予測することが出来ます。

これであれば、事業所(開発現場)側は従わざるを得なくなり、本社圏内部の異論も抑え込むことが出来ます。

そして本社と事業所(開発現場)の経営陣の総意で行われていたのであれば、不正が続けられていたことが不思議ではなくなります。

 

 

しかしながら、この仮説にも無理があります。

なぜ本社圏の経営陣が、このような不正を続けなければならなかったのかが疑問です。

普通の感覚であれば、”二度とこのような不祥事は起こしてはならない” と考えます。

「お客様第一、コンプライアンス第一、この基本的な考えが見失われていた」と謝罪し、悔い改めるものです。

 

なぜなら、会社が無くなれば「多くの従業員と家族」や「販売店、サプライヤーの従業員と家族」が路頭に迷うことが容易に予測することができ、なんとしてもこのような事態は避けなれればならないと考えるからです。

しかし本社の経営陣は「悔い改める」ことを ”しなかった” のです。

しなかったのではなく ”出来なかった” のかもしれません。

(関係者ではないので、あくまでも想像です)

 

更に想像を膨らませば、

本社の経営陣にも「常軌を逸する圧力」があったのではないのか......

(有能な経営陣が逆らうことの出来ない圧力)

本社の経営陣に圧力を加えることが出来る権力者となれば、三菱自動車より更に上位に位置するグループの存在でしょうか......

想像すればきりがありませんのでこのあたりで止めておきます。

 

 

さて本題であります、この事案の不祥事に至る「原因」や「要因」ですが。

・原因は → 自社の実力が把握できていない経営陣

  他社の燃費数値に対抗できるだけの裏付け(技術力)が無いにもかかわらず、

  燃費競争に勝つために競争相手と同等の燃費数値を求めた本社経営陣。

  

・要因は → 『無理だ』『出来ないものは、出来ない』と言えない社風

  到底達成することの出来ない数値に対し、反論すら出来ない

  事業所(開発現場)経営陣。

にあります。

 

このどちらかを取り除けば、このような不祥事は防げたはずです。

皆様はどのように考えますか...... 自社に置き換えて考えて下さい。

 

「出来ない事」に過剰な圧力を加えれば、その苦痛から逃れるために不正にも手を染めることがある。

そのような事案です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
234568
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

REPs consul 西野 泰広

REPs Consultig HomePage

コラムにリンク  ⇩



 ブログランキングにご協力ください。

ANALYZE

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 東京都議会での ”セクハラ ヤジ問題の対処” それでよいのか?
    みや

links

profile

search this site.

others

mobile

powered