不祥事の影響により米マクドナルドは大幅減益

筆者 鳥羽賢 |

 外食大手のマクドナルドは、去年に日本や中国で異物混入などの不祥事事件が続発した。その影響は世界的なイメージ低下につながり、今日米マクドナルドが発表した2015年第1四半期決算は、前年同期比で大幅な減収減益だった。

 

期限切れ鶏肉などが問題に

 

 去年マクドナルドは不祥事で日本国内のマスコミをよくにぎわせたが、すでに内容を忘れてしまっている人もいるかもしれない。最も深刻な不祥事として、マクドナルドの鶏肉商品「チキンナゲット」に中国産の期限切れ鶏肉が使用されているという問題が、昨年7月に発覚した。

 マクドナルドは一旦チキンナゲットの販売を停止したが、その後タイ産鶏肉に替えることで販売を再開。しかしこの件で、マクドナルドが失った消費者の信頼は大きい。

 去年に発覚した不祥事はこれだけではなく、マクドナルドの商品内に金属片やビニール片など異物が混入している事件も続発。これによって消費者のマック離れが急速に進行し、最近発表された2014年12月期決算は惨憺たる内容だった。

 具体的には、フランチャイズを除いた直営店の売上高は、前年比381億円減、あるいは14.6%減の2,223億円。また純損益は218億円の赤字で、前年の51億円の黒字から大幅に悪化。2015年12月期の見通しはさらに悪く、売上高が10%減の2,000億円、純損益が380億円の赤字を見込んでいる。

 

 中国産鶏肉の問題は日本だけに留まらず、中国のマクドナルドでも問題になった。そして本国であるアメリカでも同じ仕入れ先からの鶏肉を使用しており、発覚直後にその会社から仕入れた鶏肉は使用を中止した。しかしその後見つけた代替仕入れ先が、タイではなく同じ中国産の別会社のものであったのは、まだ危機感が足りないとしか思えない。

 そして今日になって米マクドナルドから2015年1~3期決算が発表されたが、こちらも内容は良くない。売上高は59億6000万ドル(約7,100億円)で、前年の67億ドル(約8,000億円)から11%も減少。純利益は前年同期比32%減の、8億1150万ドル(約965億円)だった。

 ただ悪い決算にも関わらず、22日のNY株式市場でマクドナルド株は上昇している。前日終値が94.87ドルだったマクドナルド株は、22日は97ドルからスタートした。低調な決算にも関わらず株価が上昇しているのは、5月になって今後の経営建て直しに向けた計画を発表する予定があるためと見られている。

 この計画の中では日本でも発表している不採算店舗の閉鎖などを含めた、大胆な措置が発表されると見られている。その他にも、オーダー時の待ち時間の短縮など、顧客満足を高める一般的な措置も含まれるらしい。時間はかかるもしれないが、今後の努力次第ではマクドナルドがまた成長していける可能性は残っている。
 



この書類に含まれる素材はiFOREXではなく、独立した第3機関により作成されたもので、いかなる場合においても、直接的・間接的、明示的・暗示的にかかわらず、投資に対する助言や、金融商品に関する投資戦略の推奨、提案として解釈すべきものではありません。この書類に含まれる過去の実績や、それに基づくシミュレーションは将来の成果を保障するものではありません。すべての免責事項はこちらをクリックしてご確認ください。

筆者について

慶應義塾大学経済学部卒業。輸入業務に従事後、ライターとして2003年より主に経済分野を中心に執筆活動を行う。企業トップへインタビューした上での、ビジネス記事執筆経験多数。ポータルサイト『オールアバウト』では、「世界のニュース・トレンド」テーマなどで、数年間政治・経済ニュース記事を執筆。FXの専門誌『月刊FX攻略.com』でも各通貨ペアの特徴解説など、FX攻略記事を執筆した経験がある。主な著書に、『とにかくわかる! FX超入門者』(すばる舎)などがある。翻訳活動も行い、FX投資教材の翻訳を中心に、金融分野の翻訳実績も多数。自身でも投資を行い、FXのトレードも2006年以来7年以上にわたって継続している。