最新の企業事件・不祥事リスト

新聞などマスコミで報じられた広報関連の企業事件情報です。

(2017年7月21日現在)

危機管理メディアトレーニングのご案内
インタビューや記者会見などの対応スキルを学ぶ研修プログラムです。講師は新聞・テレビの現役記者、カメラマンが務めます。
【詳しくはこちら】

2017年7月

2017.7.19 千葉県教育委員会は19日、校内で教え子の女子生徒(16)の胸を触ったとして、県東部にある県立高校の男性教諭(26)を懲戒免職処分にしたと発表した。今年度の教員の懲戒免職は4人目で、昨年度1年間の3人を超えた。女子生徒への盗撮やわいせつといった行為による懲戒免職処分としては3人目の処分となり、県教委は「重大な事態と受け止めている」と再発防止策の強化などに努めるとしている。県教委によると、男性教諭は7日午後6時10分ごろ、放課後の準備室で女子生徒に履歴書の書き方の個別指導をした際に胸を触った。女子生徒が帰宅後、担任教諭に電話で相談し発覚した。男性教諭は聞き取りに対し「なぜ触ったのか分からない」と話しているという。県教委は女子生徒へのわいせつ被害を防げなかったとして、同校の男性校長(58)を減給3カ月の懲戒処分とした。県内では5月にも別の公立中学、高校のそれぞれ男性教諭が、駅で女子高生のスカート内を盗撮したり、自校の女子生徒にキスをしたりといった行為でいずれも懲戒免職となった。県教委は一連の不祥事を受け、8月に県立学校の校内研修担当者会議を開き、わいせつ行為などの不祥事根絶に向けた協議を行うなどの対策を進めるという。
2017.7.19 一般社団法人日本新聞協会は19日、事務局の職員ら2人が平成19~24年に、協会などの会計から計約4700万円を着服していたと明らかにした。当時の事務局幹部らは事態を把握した後も、協会会長や理事会に事実関係を報告せず隠蔽していた。協会によると、経理担当の職員が19年9月~21年2月、自身の株取引の損失を埋めるため、協会の会計から約3314万円を流用。また別の嘱託職員も20年3月~24年7月、協会が業務委託を受けている団体の会計から約1473万円を着服していたという。当時の事務局幹部ら3人は、21年と24年にそれぞれの事案を把握。表沙汰になるのを避けるため、民事訴訟や刑事告発の手続きを取らないことを条件に返却させ、自主退職させていた。協会は6月、国府(こうの)一郎前事務局長らが部下にパワーハラスメントをしていたと発表。今回の着服は、パワハラに関する調査の過程で判明した。国府前事務局長は職員へのパワハラで5月に辞任しており、着服の隠匿にも関与していたという。
2017.7.19 消費者庁は19日、人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」内のキャラクター購入をめぐり、インターネット番組内の宣伝が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、ゲーム大手「ガンホー・オンライン・エンターテイメント」に再発防止を求める措置命令を出した。消費者庁によると、昨年11月~今年2月に計3回、番組内で有料の電子くじ「ガチャ」によってパズドラのキャラである「モンスター」13体全てがゲームで強くなる「究極進化」をするかのように宣伝したが、実際は2体だけ究極進化する仕様になっていた。別のオンラインゲーム「ディズニーマジックキングダムズ」では、特定のキャラを一緒に購入すると実際は割高なのに割安であるかのようにゲーム内で表示。同庁はこれも同法違反(有利誤認)としている。ガンホーは「誤解を招く表現があり、おわびする」とのコメントを出した。
2017.7.19 仙台市交通局は19日、市営バスの男性運転手(60)が運転中、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で常習的に遊んでいたとして、停職6カ月の懲戒処分にした。20回の乗務で計150回以上操作していたほか、車内で電子たばこを吸っていたことも判明し、運転手は同日付で辞表を提出した。市交通局によると、運転手はドライブレコーダーの映像が残っていた6月13~20日の計20回の乗務中、ポケモンGOを152回操作していた。「今春から運転中に遊んでいた」と話しているという。映像から回送中の車内で電子たばこを吸っていたことや、シートベルトを着用していなかったことも分かった。運転手のポケモンGO操作は乗客の指摘で発覚。仙台市営バスでは昨年10月にも別の男性運転手が回送中に操作し、自損事故を起こした。
2017.7.19 高利率の積立制度があると偽り、知人女性から現金計1億2千万円をだまし取ったとして、長崎県警諫早署は19日、詐欺の疑いで、同県諫早市堂崎町、元郵便局長で無職の蒲原季生容疑者(80)を逮捕した。逮捕容疑は平成22年11月~25年8月、諫早市に住む女性(84)に「退職した郵便局長だけが加入できる利率のいい積み立てがある」などとうそを言い、13回にわたり現金をだまし取ったとしている。署によると、「だましていない」と否認している。蒲原容疑者に解約を求めてもさまざまな理由を付けて応じなかったため、女性が積立先と聞いていた財団法人に直接問い合わせて制度が実在しないことを知り、昨年8月に署へ相談した。
2017.7.19 成田空港(千葉県成田市)の保安検査場でアメリカン航空の米国人の50代の男性客室乗務員の手荷物から拳銃の実弾30発が見つかっていたことが19日、県警成田空港署などへの取材で分かった。男性は任意の事情聴取に「米国の自宅から誤って持ってきてしまった」などと話しており、同署が銃刀法違反容疑で調べている。同署によると、今月15日に成田空港から米ダラスに向けて出国する際、航空会社の操縦士や客室乗務員らが使う専用の保安検査場で、空港の検査員が男性のバッグから実弾を発見。同署に通報した。男性や航空会社が捜査に協力する姿勢を見せたため、男性はそのまま出国した。同署は今後、米国を出国する際や、日本への入国時になぜ実弾が見つからなかったかなども調べるとしている。
2017.7.19 半導体の設計などを手掛けるソニーLSIデザイン(神奈川県厚木市)で水増し発注や架空発注を繰り返し現金をだまし取ったとして、東京地検特捜部は19日、詐欺容疑で、同社元取締役執行役員、萩原良二(58)=東京都荒川区、同社元統括部長、金子浩之(51)=町田市、同、飯泉邦夫容疑者(52)=茨城県つくばみらい市=の3人を逮捕した。逮捕容疑は、平成25年10月~28年2月ごろ、架空発注で同社から現金計約1億700万円と約46万ドルを口座に振り込ませたほか、26年11月~27年3月ごろには、業務委託報酬額を水増しする手口で計5万5000ドルを口座に振り込ませ詐取したとしている。同社はソニーのグループ会社。不正は経理の確認作業中に発覚した。ソニーは「このような事態が発生したことは遺憾。グループ社員に対してコンプライアンス教育を徹底し再発防止に努めていく」としている。
2017.7.18 タレントの壇蜜さんが出演する宮城県制作の観光PR動画の内容をめぐり、仙台市の奥山恵美子市長は18日の定例記者会見で「配慮に欠ける。女性が見て素直に受け止められない」と県にくぎを刺した。奥山市長は動画を見たとした上で「男女共同参画の視点からはやや配慮に欠ける部分があった」と指摘。市長自身が、観光PRを担当する「仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会」の「会長職代理者」であるとして、「観光動画の作成ではあまりにも県に任せすぎていたと反省している」と語った。その上で「来年度以降、(台本などの)協議をしたいとの意向も含め、動画が品位に欠けるといわれてもやむを得ないと県に伝えたい」と述べた。一方、宮城県の村井嘉浩知事は、16日に参加した仙台市長選(23日投開票)の立候補者の個人演説会で、今回の観光PR動画について、「(過去に)資料を作ったら『こんなの誰も見ない』というから面白いの作ろうと思って作ったら、『いやらしい』と(言われる)」と有権者の笑いを誘った。その上で「でもおかげさまで(閲覧数が)120万アクセス増えました」と強調した。
2017.7.18 埼玉県所沢市立山口小学校(橋本徳邦校長)で40代の男性教諭が校舎3階の教室で、担任する4年生の男子児童に対し、「じゃあ窓から飛び降りなさい」と話していたことが18日、分かった。男子児童は翌日から「怖くて学校にいけない」として欠席を続けている。同市教委によると、教諭は12日午後3時半ごろ、担任する教室で起きたトラブルへの指導に関連し、男子児童に窓から飛び降りるように言った後、「あなたが好きだけど、みんなを守らなくてはならない。明日から学校に来るな」と発言。直後のクラスの帰りの会でも「(34人学級だが)明日から33人で仲良くやりましょう」と話した。男性教諭は「誰かにいわれても、してはいけないことはやってはいけないということを指導する中で言った。飛び降りさせる意図はなかった」と学校側に釈明しているという。保護者らは13日に同市教委に報告。学校側とも面談し、担任の変更を求めたという。校長と教諭は事実関係を認めて謝罪した。教諭の発言はクラスの全児童の前で行われ、女子児童1人が14日に「怖い」として欠席したという。
2017.7.17 16日午後2時50分ごろ、山梨県富士吉田市の富士急ハイランドで、15日に営業を開始したばかりのジェットコースター「ド・ドドンパ」が走行中、タイヤ1本がパンクし停止する事故があった。乗客にけがはなかった。富士急ハイランドによると、「最も速く加速するコースター」としてギネス世界記録に認定されていたドドンパを改装した新型。
2017.7.15 米司法省は14日、西部カリフォルニア州に本社を置くスズキ関連会社の元社員が、バイクが排出する環境汚染物質に関し、虚偽の報告書を米環境保護局に提出していた罪を認めたと発表した。罪を認めたウェイン・パウエル元社員は最長2年の禁錮刑と最高25万ドル(約2800万円)の罰金を科される可能性がある。
2017.7.13 福島県いわき市の温泉施設スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産は12日、公式ショッピングサイト「ハワイアンズモール」利用客のクレジットカード情報が最大で6860人分流出したと発表した。流出したのは2月10日から5月25日までにクレジット決済した人のカード会員名や番号、住所など。これまでにカードが不正に使われて約700万円分の商品が購入されていることが明らかになっており、被害が拡大する可能性があるという。サイト運営を委託している会社のシステムが外部から不正アクセスを受けたのが原因で、5月25日にクレジット決済の利用を停止、今月1日に県警いわき中央署へ被害を報告した。
2017.7.11 学校法人駒澤大学が傘下の苫小牧駒澤大学(苫駒大)を学校法人京都育英館に無償で移管譲渡する計画をめぐり、苫駒大仏教専修科の学生8人が10日、国を相手取り、大学設置者の変更を認可しないよう求める訴えを東京地裁に起こした。代理人によると、文部科学省は認可の可否を8月末までに決める方針。同日、認可差し止めを求める仮処分も申し立てた。訴状によると、苫駒大は今年1月、入学者減少などを理由に30年度から京都育英館へ移管譲渡することを公表。今年3月に設置者の変更を文科省に申請した。仏教専修科は卒業時に曹洞宗の寺院の住職資格を得ることができる。原告らは訴状で「京都育英館は儒教の教えを建学の精神とする大学を運営しており、移管されれば住職の資格が取れなくなる」と主張。大学側から学生や保護者に具体的な説明もなかったという。原告側は「住職になるために入学した学生はこれまでの時間が無意味になり、損害は重大」として、認可差し止めを求めている。また、原告らは10日、駒澤大や京都育英館を相手取り、精神的損害を受けたとして1人あたり30万8千円の賠償などを求める訴訟も提起。設置者変更を認可しないよう求める保護者らの請願書約2500通を文科省に提出した。代理人弁護士は「学生からすれば移管は青天の霹靂(へきれき)で説明義務違反」と指摘。駒澤大学は「訴状を確認していないためコメントできない」としている。
2017.7.6 週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、映画監督の伊藤秀裕氏が新潮社などに1100万円の損害賠償を求めた訴訟は、東京高裁(安浪亮介裁判長)で和解が成立したことが6日、関係者への取材で分かった。内容は明らかになっていないが、新潮社側が伊藤氏に一定の解決金を支払う内容とみられる。週刊新潮は平成26年「『有名監督』詐欺の手口」と題した記事で、映画の制作費を出した男性が「約束をほごにされた」と話していると報じた。昨年12月の1審東京地裁判決は、詐欺行為は認められないとして385万円の支払いを命じ、双方が控訴していた。
2017.7.5 大手食品運送業「キユーソーティス」(本社・東京都調布市)の男性社員=当時(43)=が月108時間の残業で過労死したとして、八王子労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが4日、分かった。認定は6月27日付。記者会見した遺族側弁護士によると、男性は平成8年に同社に入社し、トラック運転手に従事。2年前から東京都稲城市の運送業の関連会社に出向し、配車課で運行管理業務を担当していた。男性は出向後、休憩時間が取れなかったり、休日にも電話対応したりして周囲に過労を訴えていたという。27年2月、会社の役員らが参加したゴルフ接待中に急性心筋梗塞で死去した。キユーソーティスをめぐっては、古河労基署(茨城)が昨年3月、社員に労使協定を超える時間外労働をさせていたとして、労働基準法違反容疑で法人としての同社を水戸地検下妻支部に書類送検している。男性の妻は「夫の労災認定が会社を変えることにつながればと願っています」とコメント。同社は「事実関係を確認しており、コメントを差し控えます」としている。
2017.7.4 アニメや日本食など日本の魅力ある文化や商品を海外に売り込む官民ファンド「クールジャパン機構」(東京都)で、女性社員数人が現役の役員や中央省庁出身のキャリア官僚からセクハラやパワハラ行為を受けたと訴えていることが3日、関係者への取材で分かった。被害女性を含む機構社員は労働組合を結成。機構側の対応が不十分だとして、情報開示や再発防止を求めている。関係者によると、投資部門責任者の専務取締役は昨年7月、女性社員数人を誘い、都内のカラオケ店で機構関係者との懇親会を開催。その中で、専務は用意していた「くじ」を女性全員に引かせた。くじは機構関係者との「ワインディナー」や「手作りプレゼント」などの内容が書かれ、専務や機構関係者と外出することも含まれていた。また、平成27年夏には別の女性社員が歓迎会の2次会で、当時の専務執行役員から太ももを触られたと主張。帰りの電車で手をつながれたと証言する社員もいた。この役員は中央省庁出身のキャリア官僚で、現在は機構を離れている。

※ こちらの情報は新聞に掲載された記事を元に作成しています。
転載のご依頼は当フォーラムまでお問い合せください。

記者発表から、迫真のインタビューを体験するセミナー