白夜書房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株式会社白夜書房(びゃくやしょぼう、Byakuya-Shobo CO.,LTD.)は、日本出版社。旧社名はセルフ出版

アイドル、芸能雑誌やパズル雑誌を中心とした趣味、エンターテインメント系の雑誌、書籍を編集、発行する出版社である。また、最近では電子書籍も発行している。

〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-12

森下信太郎がビニール本の出版社「グリーン企画販売」を設立。1975年12月4日にアダルト出版社「セルフ出版」を創設。1976年に『写真時代』の元となる『月刊ニューセルフ』を発行。1977年に「白夜書房」創設。後にセルフ出版は白夜書房に吸収された。

やがて雑誌部門が主流となり、昭和60年代くらいまでは、青年娯楽誌を多数発行するアダルト系出版社として知られていた。その後一般向け趣味娯楽誌のみへと路線変更、競馬競輪などのギャンブル誌各種と『ダンスファン』『楽しい熱帯魚』『オーディション』『野球小僧』などギャンブル以外のジャンルも刊行する準大手出版社となる。

かつての青年誌の代表作である『写真時代』は、サブカルチャー文化人が多数執筆したため、現在でもその価値は高い。写真時代は編集業界で名編集者として知られる末井昭の出世作でもある。当時も『写真時代』のような雑誌を作る傍ら、一方で音楽・映画・プロレスなど各種趣味娯楽の単行本も多く出しており、文化から本能までの幅広い刊行にはかつてファンも多かった。

また、アダルト漫画・雑誌を刊行していたころ、大塚英志小形克宏らが編集する漫画雑誌『漫画ブリッコ』も生まれた。かつてのアダルト・サブカルチャー部門等は旧少年出版社(現・コアマガジン)へ移行し、一般書のみの刊行を行っている。

現在白夜書房は『BUBKA』、『BRODY』などのアイドル・芸能誌、『段位認定ナンバープレース252題』を始めとする段位認定ナンプレシリーズなどのパズル誌を多く刊行している。

過去パチンコ・パチスロ関連誌も数多く発行していたが、2012年2月白夜書房の子会社・白夜プラネットが運営する携帯サイト「カジパラ」で提供されているゲームが換金可能なシステムを用いて行われていたため事件化し、白夜書房は『パチンコ必勝ガイド』『パチスロ必勝ガイド』などの発行を2012年4月より中止した。

2012年2月、白夜書房の子会社・白夜プラネットが運営する携帯サイト・「カジパラ」で提供されているゲームが換金可能なシステムを用いて行われていたため、白夜書房社長の長男である同社の社長ら3人が常習賭博容疑で逮捕された。この事件は、パチンコ・パチスロ関連雑誌をガイドワークスへ移管する遠因となった。

代表的な雑誌

定期刊行誌一覧表
雑誌名発行日備考
BUBKA(ブブカ)毎月末日2012年11月号よりコアマガジンから移管
Audition(オーディション)毎月1日-
段位認定上級ナンプレ252題偶数月11日-
段位認定中級ナンプレ252題奇数月11日-
懸賞なび毎月22日-
クロスワードランド毎月27日-
段位認定ナンバープレース252題偶数月27日-
最高段位認定難問ナンプレ252題奇数月27日-
ダンスファン

1985年に創刊、毎月27日発売。毎号上達のためのレッスン特集DVDが付属。国内外の社交ダンス関連の情報をはじめ、特にプロ&アマ競技会速報、海外最新ニュース、パーティー情報などで構成される。2015年12月には、創刊30周年記念イベントとしてエスパン・サルバーグ(ESPEN SALBERG)や日本のトッププロダンサーたちによるファッションショー&ダンスショー『Dance A La Mode』が開催された。

BRODY

2016年8月に創刊、奇数月23日発行。乃木坂46、欅坂46を始めとした多くのアイドル・女優のグラビア、インタビューを掲載している。『今、最も“革命”を予感させる アイドル、女優をメインとしたビジュアルカルチャーマガジン』がコンセプト。

ブブカ

アイドル活字&芸能カルチャーマガジン。AKB48などのアイドルに関する記事を中心に、他に芸能スクープ、ラーメン・B級グルメ、サブカルチャー、コラム連載などで構成される。毎月末日発売。

懸賞なび

懸賞情報雑誌。毎月22日発売。最近では肉や海鮮、野菜などの食べ物をはじめとする"食"に特化したグルメギフトカタログ『懸賞“食”なび』も増刊号として刊行。懸賞雑誌のため、食品会社が実施する懸賞情報や、食べ物が当たる懸賞の情報多数掲載されている。

新書
  • 段位認定ナンバープレース150題(初級編、中級編、上級編、超上級編)
DVD
  • ダンスファンDVD 自宅で個人レッスン
休刊誌など
  • まんがの森 - 旧セルフ出版社が運営していた書店「セルフの店」が前身で、白夜書房の系列会社・宣伝ルーム(現・株式会社SHINWA)が運営していた。