--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
静岡県東部三島市、某電気店の裏にある廃病院。
当時は信頼も厚く、他県からも患者が訪れたという老人専門病院。
こちらは、表向きの顔・・・
実態は、患者から金銭を騙し取り、不当請求。
有名廃墟本で知ったんですが、入院患者のリストを周りの寺とかに売買してたとの事。
本性は極悪非道の鬼畜病院という・・・

という、自宅から車で30分ほどで着くこちらの廃墟にやってまいりましたよ。





車を走らせ、目的である病院があると聞く某電気屋の裏に行ってみることに。
そして、今回は地元の友人1人が同行して行く事に。
さてさて、反対車線じゃないと電気屋には入れないのでひとつ手前の信号で右折。
そして、すぐ電気屋の第2駐車場に入ると右手に、すぐ見えてきました。
とりあえず、第2駐車場には人の出入りが多少あったりしたので数分電気屋で時間を潰しました。
病院前に一台車があって中に人がいましたが寝ていたので、数分後雨の中潜入~ヽ(;´Д`)ノ
外観撮影、外は後にしてとりあえず中へ。
というか、外から見ても中は酷いもので受付らし長い机は横になり吹っ飛び、落書きや穴がし放題、ガラスは割れてるわで、病院という建物内とはいい難い事になってました。



しかし、内部を見ていくと暗い部屋の中には、「レントゲン室」は当時の機材がそのまま置かれたり、「厨房」も大型の調理機器なども。厨房からみた外の景色は草が窓から入ってきたりと自然の驚異を感じます。
浴室は2つあり、特浴用の浴槽がある部屋と通常の浴室。
高校の頃の介護の研修で見た特浴の浴槽とはシンプルな感じがしました。旧型ですかね。







浴槽の中には、ポプラ病院の空封筒。まぁ、その封筒は初め厨房で友人が見つけて見せてくれました。
1階のところどこに落ちてました。



1階の入り口は行ってすぐ右の大部屋と2階は入院患者用の部屋らしかったです。
しかも2階はフロアの中心にナースステーションがありその他は、入院患者の方々の部屋。







ベットは1つも無く、此処に肝試しか、やんちゃで来た人のゴミが落ちたりして、1階の一部の床は焦げてました。
いくら廃墟でも、周りは草とか住宅地何だから常識あったら普通火遊びなんかしないと思いますがね・・・
住宅地とか山の中関係なく廃墟内の火遊びは、いろいろな人の迷惑にもなるし何より危険だからやらないほうがいいですよ・゚゚(;´Д`)・゚゚アセアセ…



あと、できれば物とか建物壊さないでほしいもんです(;・∀・)
2階のナースステーションはの奥には夜勤用のナース(看護士)さんなどの宿直室みたいなところがあって座敷になってました。
2つある階段の内、1つが屋上にいけます。
屋上は、色々と大型の換気扇みたいなのが何個かあって四方にころがったりしてました。
とまぁ、あとリネン室とかもあったんですが、どこを見ても大型の機材とかしか残っておらず、小物系の残留物はまったく無い状態でした。壊れた車椅子が入り口のフロア奥に転がってました。
だから、中はコレと言って面白いところはレントゲン室とか、厨房といった機材があるところですかね(^ω^;)



さて外です。
建物のすぐ横の、バスに入っていきます。
錆び付いていたり、壊されたりとこちらもひどい有様ではありますが・・・



「ポプラ病院」と行き先看板も無くなってます。
こちらのバスは、送迎用というかレントゲン機材を積んだバスですかね。
かなりの機材が置いてけぼりになってました。椅子とかもそのまま放置。運転席もそんな感じで錆び付いてます。
バスを折り横には非常用の滑り台、周りは草が生い茂り数台の廃車が・・・

で、終了です。
若干残念感が否めませんが・・・
中の破壊尽くされた建物が酷すぎる件で、後見所が昔より無くなってるっぽいです(;´Д⊂)
本とか見たら、まだ小物とか結構あったっぽいんですが数年でここまで酷いことになろうとは(;・∀・)
散策時は、ガラスが散乱してたりと危なく2階は、雨漏りしてる部分があるのでしかもガラスも割れて落ちてるし滑りやすい靴で行くとこけます。
友人がそれで結構危なかったんで、軍手してなかったら廃病院から、まともな病院行くところでしたよ・゚゚(;´Д`)・゚゚アセアセ…
散策時はどうぞお気をつけください。
ではではヾ(゚ω゚)ノ゛


スポンサーサイト
 

Trackback

 
     

    Comment