空売りで利益を上げよう。株式取引のやり方

株式投資では、株価が低い所で株を購入し、高い所で売る。

この流れは、一般的に世間に知られている株の投資方法ですね。

世の中の不景気や、何か会社の不祥事などで、株価が下がると分かっている材料に対して、株式投資して、さらに下がれば利益が出る方法。

その投資方法が空売りです。空売りは、一般定に株を買う方法とは少し内容が違います。

今回は空売りの仕組み・メリット・デメリットをお話しますね。

空売りとは

株式投資の空売りの仕組みは、取引したい株券をまず、証券会社からかりて、株式市場に売りつけ、高い相場で売りに出すという取引方法です。

信用取引と呼ばれています。

例えば、1株1000円の場合、この企業は最近、不祥事など下がる材料があるので、今後値が下がるであろうと予測した場合、その株券を先に借りる事ができます。

そこで売りに入れば(売りポジション)です。

予想通りその株式が根を下げて、700円になった場合、買い戻します。

1株1000円を100株借りた場合、この際の差額が1000円‐700円=300円

300円×100株=3万円の利益。

利益はでるが、誰に株券を借りるかというと、証券会社です。株券の空売りは、株価が下がるほど利益が発生する仕組みになります。

実際は手元に持っていない株券を売りに出せる事が、空売りの呼び名になっています。

そして、空売りには制度信用取引と、一般信用取引の2種類が存在するのです。

制度信用取引

返済期間が6か月と決まっています。

更に、証券会社が定めた銘柄のみの取引となっているため、実際購入したい株券が手に入るとは限らないです。

一般信用取引よりは手数料が安くなっているが、期限がある為、期限があれば利益がとれる株券でも強制決済されるので、期限を意識しないと損する可能性もあります。

一般信用取引

制度信用取引とは違い、返済の期限がありません。

じっくり株価の変動を見ながら、取引が出来るが、その分、損している際に勇気を出して損切りできなければマイナスが膨らむので要注意です。

空売りは信用取引

信用取引なので、口座に証拠金と呼ばれる担保は必ず必要です。

お金がない所には株券は貸してくれません。

ただ証拠金に対して、約3倍の取引が可能なので、100万円あれば300万円分の株券を先に売る事が出来るようになります。

これはFX取引でもよばれるレバレッジをかけて取引をする方法です。

現物取引なら100万円は100万円分しか取引が出来ませんが、レバレッジをかける事で300万円分の取引が可能になります。

空売りのメリット

世の中の不況や、企業不振等、市況が混乱している時でも、売りから入れるので利益が出しやすいです。

更に、売りと買いのバランスをしっかり保てばもっと利益が伸びます。

株価は上げるスピードよりも下げるスピードの方が速いのでそのタイミングを見逃さない術を身に付ける事が大事です。

空売りのデメリット

<逆日歩>

企業に大きな不祥事が発生し、目先下落になると思った投資家が集中して売りに入ると、証券会社が貸す株券がパンクしてしまい、違うルートから株券を調達します。

その際にかかったコストを、その株券で売りにスタンバイしている投資家全員に負担させるやり方。

通常であればそれほど金額も大きくありませんが、株が不足しすぎると非常に大きな金額になるんです。

1000円の銘柄を900円で空売りした場合に、逆日歩が0.15つくと、135円金利がかかります。

それが、1円付いた場合900円の金利を払わないといけません。

株の値動きも大切ですが、逆日歩の金利で損失が出る人もいるので要注意です。

逆日歩一覧で要チェックですね。

<損失限度越え>

株を買いで入る人のリスクは、会社が倒産した際に株券が紙切れになり、資産が0になるだけですが、売りにはその限度がないので要注意しましょう。

空売りした株が、企業のサプライズ要因などで、予想以上に急上昇した際に、口座内資産がゼロになるどころか、限度はなく、マイナスになる恐れもあるので注意が必要です。

まとめ

空売りは、なんとなく下がりそうだから空売り、ではなくニュースなどで世の中の流れをみて、買いと合わせれば利益がでます。

損失限度が無いのでそこだけは注意しながら取引を行いましょう。