2015年度※表示順は、第三者委員会設置のIR公表日順となっております。

証券コード
上場市場
会社名会計監査人
(第三者委員会設置前)
適時開示(IR)第三者委員会
調査報告書
第三者委員会
設置目的
第三者委員会
委員
第三者委員会
補助者
日付日付
9936
東証1
株式会社 王将フードサービストーマツ2015/12/28
2016/01/05
2016/03/29(1)当社のコーポレート・ガバナンス体制(反社会的勢力に対する防止体制を含む。)全般の評価
(2)当社が反社会的勢力と関係があるか否かの調査
(3)当社がステークホルダーの皆様から信頼を得るための積極的な提言
委員長:(弁護士法人あしのは法律事務所 代表社員弁護士)
 大仲 土和
委員:(プロアクト法律事務所 代表 弁護士)
 竹内 朗
委員: (公認会計士宇澤事務所 代表 公認会計士)
 宇澤 亜弓
プロアクト法律事務所 弁護士
 大野 徹也
 渡邉 宙志
KPMG 執行役員パートナー 公認会計士
 高岡 俊文
KPMG シニアマネージャー 公認会計士
 須賀 永治
 ほか 7 名
JPR&C 代表取締役
 古野 啓介
 ほか 10 名
3222
東証1
ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社トーマツ2015/10/222015/12/25(1)本事案の事実関係の徹底解明
(2)トラベル社及びその他子会社の内部管理体制の実態確認
(3)カスミ社の子会社管理体制の実態確認
(4)本事案発生要因の究明と再発防止策の策定
(5)関係者の責任と処分の提言
(6)トラベル社内部管理体制の提言
(7)カスミ社の子会社管理体制の提言
委員長:(カスミ社顧問弁護士)
 蓑毛 良和
副委員長:(公認会計士・税理士)
 三井 聡
委員:(カスミ社顧問弁護士)
 志甫 治宣
委員 安 隆之(カスミ社顧問弁護士)
委員:(カスミ社代表取締役)
 藤田 元宏
委員:(カスミ社経理財務部マネジャー)
 杉山 勝
委員:(カスミ社経営企画部マネジャー)
 辻本 英史
委員:(カスミ社監査マネジャー)
 大内 哲也
2721
JASDAQ
株式会社ジェイホールディングス清和監査法人2015/12/212016/02/121)当社ならびに当社連結子会社における過去 5 年間(平成 23 年 1 月 1 日から平成27 年 12 月 31 日)における、取引に関する事実関係および社内手続きを含む内部管理体制の確認、ならびに問題点の調査分析を行うこと。
2)上記1)に関して、問題点が確認された場合には、その指摘、原因の究明および再発防止策に関する提言を行うこと。
委員長:(海星法律事務所 弁護士)
 澤井 康生
委員:(東京弁護士会 常議員 弁護士)
 山勝 幹之
委員:(伊藤会計事務所 公認会計士)
 伊藤 英佑
公認会計士
 河江 健史
7841
JASDAQ
株式会社遠藤製作所トーマツ2015/12/152016/01/29<調査委員会>

平成 21年頃から不正行為発覚までの約 7 年間、当社元取締役が虚偽・架空の経費計上により、自身の旅費交通費や飲食代等を不当に請求し、会社資金を私的に流用した不正行為が判明。事実関係の徹底した調査・検証と有効な再発防止策の策定を行うもの。
委員長:(当社社外監査役 弁護士)
 相馬 卓
副委員長:(当社常務取締役管理部門担当)
 佐藤 俊明
副委員長 村田 國弘 (当社タイ統括駐在室長)
委員:(当社常勤社外監査役 独立役員)
 岩尾 秀之
委員: (当社社外監査役 税理士)
 佐野 榮偉
委員: (当社社外取締役)
 片山 隆二
6177
マザーズ
AppBank株式会社トーマツ2015/12/15
2015/12/24
2016/01/28<社内調査委員会>

当社元役員が、経理部門に在職した期間を通じて、当社の金銭を業務上横領していた疑いのある事実が判明。
① 本件不正取引に関する事実関係の調査
② その他同種事象の有無の調査
③ 上記①及び②の調査結果を踏まえた再発防止策の提言
委員長: (当社社外監査役 公認会計士)
 松岡 一臣
委 員: (長島・大野・常松法律事務所 弁護士)
 藤原 総一郎
委 員: (Field-R法律事務所 弁護士)
 小西 智志
委 員: (当社社外監査役)
 秋山 政徳
委 員: (当社常勤監査役)
 鈴木 佐知子
弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所 弁護士
 澤田 忠之
 他 2 名
株式会社KPMG FAS 公認会計士
 髙岡 俊文
 藤田 大介
 他 4 名
7853
東証2
株式会社フード・プラネット東京第一監査法人2015/12/03
2016/01/15
2016/01/20(1)平成26 年7月に開始した本件事業に関する事実関係及び問題点の調査分析
(2)本件事業に係る会計処理についての検討
(3)売上計上の妥当性等の問題が存在する場合は、その再発防止策の提言
(4)その他、第三者委員会が調査の過程において必要と認める事項
委員長:(二重橋法律事務所 弁護士)
 大塚 和成
委 員:(坂朋法律事務所 弁護士 )
 坂本 朋博
委 員:(公認会計士)
 岩崎 康子
2315
JASDAQ
株式会社SJI赤坂満秋・海生裕明2015/11/252015/12/29<社内調査委員会>

平成27年8月7日の社外委員会からの検証報告書を受領後、内部管理体制の整備において、国内および海外におけるハードウェア取引における李元取締役の返済原資と株式会社キング・テックへの貸付金の関連性を含む過去の取引の適切性について再度点検した結果、取引の適切性に関してより深い調査が必要と判断したもの。
委員長:(松田綜合法律事務所 弁護士)
 大橋 君平
委員:(松田綜合法律事務所 弁護士)
 兼定 尚幸
委員:(株式会社SJI 内部監査室長)
 鎌田 俊一郎
8095
東証1
イワキ株式会社あずさ2015/11/202016/01/13
2016/01/13
① 本件不正行為に関する社内調査に対する公正中立な検証
② 本件不正行為に関する第三者による独自の調査
③ 再発防止策の検討及び提言
委員長:(元横浜地検検事正・前公正取引委員会委員 弁護士)
 神垣 清水
委員:(株式会社クリフィックス FAS 代表取締役 公認会計士)
 近藤 弘
委員:(二重橋法律事務所パートナー 弁護士)
 大塚 和成
株式会社クリフィックス FAS 公認会計士
 佐藤 純也
 進士 敦史
二重橋法律事務所 弁護士
 西岡 祐介
 江口 真理恵
 高田 翔行
7851
東証2
カワセコンピュータサプライ株式会社トーマツ2015/11/16
2015/11/18
2015/12/07
2015/12/07
営業取引の一部に売上金額と原価、証跡の関連性、流通販売形態の
取引において他と異なる利益率及び重複計上が懸念される取引について、当該営業取引に関する事実関係・原因究明を調査し、再発防止策の検討・提言、同種事例の有無の調査を目的とする。
委員長:(弁護士法人 淀屋橋・山上合同 弁護士)
 井口 敦
委員:(弁護士法人 淀屋橋・山上合同 弁護士)
 藤田 清文
委員:(河江健史会計事務所 公認会計士)
 河江 健史
弁護士法人 淀屋橋・山上合同 弁護士
 大場 規安
 竹本 英世
 石原 遥平
公認会計士
 青木 幹雄
 山下 将則
 増田 吉彦
 黒川 剛史
 他3名
2538
東証2
ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社栄監査法人2015/11/06
2015/11/17
2015/12/04
2015/12/8
2015/12/18<独立調査委員会>

盛田㈱における拡売費の見積もりが過少であった件に関する事実関係、及び盛田㈱を含めた J 社グループにおける類似案件の存否を調査し、経営者の関与の有無及びその度合いについて事実認定を行うとともに、不適切なものの存在が認められる場合には、その背景や原因を分析し再発防止策を提言すること。
委員長:(TMI 総合法律事務所 弁護士)
 相澤 光江
委員:(TMI 総合法律事務所 弁護士)
 谷津 朋美
委員:(TMI 総合法律事務所 弁護士)
 相澤 豪
TMI 総合法律事務所 弁護士
 衛藤 佳樹
 篠原 一生
2538
東証2
ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社栄監査法人2015/11/06
2015/11/17
2015/12/04
2015/12/8<独立調査委員会>

本件疑義に係る事項として栄監査法人より指摘された以下の事項について、
i) 事実関係及びその経緯・動機を把握し、
ii) 会長の代表取締役としての善管注意義務(会社法第330条、民法第644条)及び忠実義務(会社法第355条)の違反の有無についての法的評価を行い、さらに
iii) 当社内部統制システムの不備又はこれが有効に機能していないおそれについての判断を示すとともに、これらに問題が存在した時はその原因を分析し再発防止策を提言すること。
委員長:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 相澤 光江
副委員長:(田淵公認会計士事務所 公認会計士)
 田淵 正信
副委員長:(アンダーソン・毛利友常法律事務所 弁護士)
 増田 健一
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 相澤 豪
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 谷津 朋美
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 米田 紀子
委員:(アンダーソン・毛利友常法律事務所 弁護士)
 塚本 英巨
委員:(河江健史会計事務所  公認会計士)
 河江 健史
TMI 総合法律事務所 弁護士
 佐藤 竜明
 篠原 一生
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 弁護士
 竹本 康彦
公認会計士
 樫本 尚彦
 張本 和志
 土井 貴達
他6名
2538
東証2
ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社栄監査法人2015/11/062015/10/15<独立調査委員会>

本件疑義に係る事項として栄監査法人より指摘された以下の事項について、
i) 事実関係及びその経緯・動機を把握し、
ii) 会長の代表取締役としての善管注意義務(会社法第330条、民法第644条)及び忠実義務(会社法第355条)の違反の有無についての法的評価を行い、さらに
iii) 当社内部統制システムの不備又はこれが有効に機能していないおそれについての判断を示すとともに、これらに問題が存在した時はその原因を分析し再発防止策を提言すること。
委員長:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 相澤 光江
副委員長:(アンダーソン・毛利友常法律事務所 弁護士)
 増田 健一
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 相澤 豪
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 谷津 朋美
委員:(TMI総合法律事務所 弁護士)
 米田 紀子
委員:(アンダーソン・毛利友常法律事務所 弁護士)
 塚本 英巨
TMI総合法律事務所 弁護士
 佐藤 竜明
 篠原 一生
アンダーソン・毛利友常法律事務所 弁護士
 竹本 康彦
7238
東証1
曙ブレーキ工業株式会社トーマツ2015/11/042015/12/15<調査委員会>

① 本件不適切会計処理の内容の詳細及びその影響額
② 本件不適切会計処理と同様の会計処理の有無及びその影響額
③ 本件不適切会計処理の発生原因の究明と再発防止策の提言
委員長:(当社 社外監査役、弁護士)
 本間 通義
副委員長:(当社 社外監査役、公認会計士)
 遠藤 今朝夫
委員:(当社 常務執行役員・コンプライアンス担当)
 藤本 吉彦
委員:(当社 法務・総務部 部長)
 渡邉 高夫
委員:(当社 監査部 部長代行)
 小野寺 勝弘
6641
東証1
日新電機株式会社あずさ2015/10/282015/11/12<内部調査委員会>

仕掛品の一部につき 10.2 億円(製造原価ベース)の過大計上が発生した経緯及び長年に亘り実態が把握できなかった直接・間接の理由、システム面並びに業務プロセス・体制上の問題点などを調査し、再発防止策を提言する。
委員長:(代表取締役社長)
  小畑 英明
委員:(社外取締役、大学大学院教授)
 百合野 正博
委員: (社外監査役)
 森田 衛
委員: (社外監査役、弁護士)
 田中 等
委員:(社外監査役、公認会計士)
 佐伯 剛
委員:(常務取締役、人事部等所管)
 延 昌秀
委員:(常務取締役、経理部等所管)
 植野 正
当社法務室・経理部・情報システム部所属の社員
3407
東証1
旭化成株式会社PwCあらた2015/10/232016/01/08
2016/02/09
<外部調査委員会>

① 旭化成建材が杭工事を施工した横浜市所在のマンションの不具合等に関する、調査委員会(社内)が実施する調査結果の検証、事実関係の調査(施工報告書の施工データ等の調査および関係者への聴取を含む)、原因分析、および再発防止策の提言。
② 旭化成建材が施工した過去 10 年間の杭工事施工実績(3,040 件)の調査方法などに関する指導および助言。
委員長 :(元福岡高等検察庁検事長 弁護士)
 鈴木 和宏
委員:(大森法律事務所 弁護士)
 大森 一志
委員:(島田法律事務所 弁護士)
 沖田 美恵子
7758
東証2
株式会社セコニックホールディングス新日本2015/10/222015/11/11<社内調査委員会>

株式会社セコニック電子福島事業所において、平成 27 年 8 月31 日実施の実地棚卸において一部の棚卸在庫の帳簿残高が 44 百万円過大計上されていることが判明。
本件の事実確認および原因究明等の調査を目的とする。
委員長:(当社監査等委員、独立社外取締役、公認会計士)
 村田 憲司
委 員:(当社監査等委員)
 平林 純一
委 員:鈴木章浩(当社取締役管理本部長)
委 員:(当社執行役員、経理財務部長)
 佐藤 重朗
当社内部統制監査室および経理部のメンバー
3088
東証1
株式会社マツモトキヨシホールディングストーマツ2015/10/152015/11/11<調査委員会>
① 今回の事象に関する事実関係の調査
② 本件の他に同様の事象が存在しないかの調査
③ 今回の事象による影響額に関する会計処理方法の提言
④ 今回の事象が発生した要因と再発防止策の策定・提言
⑤ 関係者への責任追及、及び処分に関する提言
委員長:(当社顧問弁護士)
 三好 徹
委員:(当社専務取締役 管理統括管掌)
 成田 一夫
委員:(当社執行役員 内部統制統括室長)
 小部 真吾
委員:(当社執行役員 財務経理部長)
 石橋 昭男
委員:(当社補欠社外監査役、弁護士)
 妹尾 佳明
委員:(公認会計士・税理士)
 成瀬 徹
2400
JASDAQ
株式会社メッセージトーマツ2015/10/052015/12/07当社及び当社の子会社である積和サポートシステム株式会社が運営する施設における施設運営及び当社の本社による各施設の業務管理体制、経営陣によるコーポレートガバナンス体制の構築等に問題がないか、網羅的に調査し、事実関係及び発生原因を解明し、責任の所在を明確にするとともに、再発防止策の提言を行うこと。委員長:(佐藤総合法律事務所代表 弁護士)
 佐藤 明夫
委員:(元最高検察庁検事・青陵法律事務所 弁護士)
 安田 博延
委員:(大阪大学大学院人間科学研究科教授 大学教授)
 佐藤 眞一
9973
JASDAQ
株式会社小僧寿し監査法人和宏事務所2015/10/02
2015/10/07
2015/11/13
2015/11/30
<調査委員会>
(1) 今回の事象に関する事実関係の調査
(2) 本件の他に同様の事象が存在しないかの調査
(3) 今回の事象により発生した損害額に関する会計処理方法の提言
(4) 今回の事象が発生した要因と再発防止策の策定・提言
(5) 関係者への責任追及、及び処分に関する提言
委員長:(税理士法人東京フィナンシャル会計事務所 公認会計士)
 能勢 元
委員:(二重橋法律事務所パートナー 弁護士)
 高谷 裕介
委員:(当社常勤監査役)
 楠原 正人
委員:(当社社外監査役 弁護士)
 藤戸 久寿
委員:(当社社外監査役)
 松本 幸夫
3647
東証2
株式会社コネクトホールディングスアーク監査法人2015/09/242015/10/26
2015/10/26
(1) 株式会社エコ・ボンズの平成 27 年 8 月期における営業取引(本件含め全 7 件)に関する事実関係及び問題点の調査分析。
(2) 上記(1)について、問題ある営業取引と判断された場合には、その指摘と原因究明、及び再発防止策に関する提言。
委員長:(オーデリック株式会社社外監査役 弁護士)
 中西 和幸
委員:(松山公認会計士事務所 公認会計士)
 松山 昌司
委員:(河江健史会計事務所 公認会計士)
 河江 健史
田辺総合法律事務所 弁護士
 貝塚 光啓
 伊藤 英之
公認会計士
 土井 貴達
 増田 吉彦
 市川 雅浩
 他2名
AOSリーガルテック株式会社
 重政 孝
 藤木 隆三