【概要】金屏風事件(きんびょうぶ-じけん)とは...

1989年12月31日に行われた中森明菜の謝罪会見のこと。会見会場には金屏風が用意され、当時中森と付き合っていた近藤真彦が同席したことから、2人の結婚報告会見と見られていたが、そうした話は一切なく、中森の一連の出来事の謝罪会見(生放送)が行われた。

中森は近藤の自宅で自殺未遂を起こしており、ワイドショーで連日持ちきりとなっていた。

金屏風の前で謝罪会見を行う異様さ、当時公然の事実とされた2人の男女関係を完全に否定するコメント、また12月31日の紅白歌合戦の裏番で謝罪会見を生放送するなど、全体的に奇妙な点が多く、今では”金屏風事件”として語られている。

会見はジャニーズ事務所が取り仕切っており、近藤との関係を頑なに諦めない中森を無理矢理公の場に引きづり出し、近藤との決着を付けるために、ジャニーズ事務所側が中森に結婚報告のためと嘘をついて金屏風の前に座らせた可能性も言われている。

以下詳細。

1980年代に圧倒的人気を誇った歌手・中森明菜。当時のジャニーズスター・近藤真彦と付き合っており、2人の恋人関係は芸能ゴシップにおける公然の事実として報じられていた。

中森と近藤は結婚を意識していたとされ、中森が新婚資金として8,000万円近くを近藤に預けていたという話もある。既に同棲しており、中森は近藤の自宅の合鍵を持っていた。

そうした中、1989年7月11日、近藤の自宅で中森が手首を切り自殺を図った。神経を切る程の大怪我だったが、何とか一命を取り留めた。

自殺を図った理由として、うつ病気味だった、ジャニーズ事務所とのトラブル、金銭トラブル、流出した近藤真彦と松田聖子のキス写真を見てショックを受けたからなど色々噂される。

この自殺未遂騒動はメディアで連日報じられ、社会一般の関心を集めていたが、同年12月31日の会見まで中森は公の場に姿を現さず、その動向が注視されていた。

そして金屏風前での奇妙な謝罪会見へ

1989年12月31日、中森が自殺未遂以来初めて公の場に姿を現し、会見を行った。会見には金屏風が用意され、近藤真彦も同席したことから、おおよそ2人の結婚報告会見であろうという見方が強かった。

ただ結婚報告は行われず、中森が自殺未遂騒動を謝罪、今後の抱負を語るに留まった。中森、近藤ともに恋人関係であることは認めず、「信頼のおける数少ない友人」という言い方でお互いを表現した。

中森は大晦日に会見を行った理由として、自身が無理を言って今年度中の会見をお願いしたと説明。その上で事件(自殺未遂)の関係者になってしまった近藤に迷惑をかけた、謝罪したいと述べた。

近藤もまた、信頼のおける友人の一人である中森が自殺未遂を起こし、この半年間辛かったとコメント。中森の復帰会見を開けて嬉しい、今後の活動に期待していると話した。

当然の如く、記者からは2人の付き合い(恋人関係)のことを質問されるも、近藤は「そうしたことは一切ない」と断言。中森も近藤は友人であり、自殺未遂を起こした自身を発見してくれた恩人だと説明した。

金屏風の理由については特に言及せず。近藤は後半の質問を完全に遮断し、中森のみが今後についてなどの質問対応を行った。中森は終始涙声で落ち着かない様子を見せていた。

その後は...

中森明菜と近藤真彦の関係報道は一切なくなり、2人の関係も消滅した。それから4年後の1994年に近藤は一般女性と結婚した。

中森は会見の3日前に所属事務所(研音)から独立し、個人事務所を設立していた。当時の近藤のマネージャーで、現ジャニーズ・エンターテイメント社長・小杉理宇造とともに設立した事務所だったが、中森の活動再開前に小杉は事務所を去っている。

中森の独立、事務所設立については今なお胡散臭さが残っており、今となってはジャニーズ事務所が何らかの形で関与し、中森に圧力をかけた結果なのではないかと言われている。

その後、中森は2010年まで芸能活動を続けた。以降活動休止となり、米国に滞在している。2014年の紅白には中継で参加し、近年少しずつ活動を再開している。結婚はしていない。