弁護士会の不祥事対策・責任の取り方

日本の企業も不祥事、事故、社員の不祥事が残念ながら続いています、
スポーツ界においてもバトミントン協会やプロ野球の賭博問題なども世間を
にぎわせています。バトミントンの選手は刑事事件になったのでもありませんが会社を解雇されたり試合には出場できません。
今の日本で企業、団体に所属するものが不祥事を起こせば会社幹部が記者会見で謝罪をし不祥事を起こした者は業界から永久追放になることを覚悟しなければなりません。三菱自動車は謝罪会見で何回頭を下げたでしょうか
弁護士業界は違います。頭下げたことがあるか?
札幌弁護士会で児童買春をして逮捕され罰金刑に処せられた弁護士がいます。一般社会並みの謝罪、不祥事の始末があったでしょうか
① 弁護士会会長が謝罪の記者会見を開いたことはありません。
太田前会長の声明
② 弁護士会長が会員の不祥事で責任を取ったことはありません。それどころか前会長は4月から日弁連の理事に就任をしています。新しい会長は不祥事のことなど一言も触れません
〔札幌弁護士会 新会長のあいさつ〕
③ 児童買春した弁護士を札幌弁護士会のホームページで紹介をしています。
④ 懲戒処分はまだありません。自宅謹慎などの措置もないようです。
懲戒処分が出ても過去の例からは業務停止1月~2月です。

札幌弁護士会 子どもの権利委員会

子どもの人権保障の確立や子どもの人権救済に必要な諸活動を行う委員会です。
上記は札幌弁護士会の委員会の紹介です。無駄な委員会を設けているとしか
言えません。子どもが被害者になっていながら、委員会として何も言いま
せん。本来なら「子どもの権利委員会」の弁護士が懲戒請求者になってもよさそうですが弁護士の非行には目をつぶり、逆に一般人が児童買春をしたなら、子どもの人権を踏みにじる行為だと声高らかに声明文でも出すのですが・・・仲間内のことは言わない掟でもあるのでしょうか?
弁護士に倫理、社会常識を求めるべきではない。
自分たちが依頼した裁判や交渉を勝たしてくれたらいいのです。
社会常識や言葉遣いなど弁護士に何も求めることもありません。
そう思って依頼しないといけません。
弁護士に頼むことなく死ねたら一番幸せな人生だったといえるのです。
マスコミの対応
政治家が不祥事を起こして政治不信だと新聞でも騒がれます。
弁護士が不祥事を起こして法曹不信、弁護士不信と言われますでしょうか
マスコミは弁護士の個別の事件の記事は書きますが、法曹不信になるとか、弁護士自治を返上しろなどとは書けません。
弁護士の不祥事は弁護士会発表の情報しかありません。
弁護士会が情報を出さなくなれば、マスコミもメシの食い上げです。
マスコミは自前でスクープを取ることもしません。弁護士会発表の
ものさえ書いていれば安全な立場におれるのです。
懲戒委員会に新聞社の論説委員が入っているときがあります。
懲戒委員会は市民に開かれているとの宣伝に使われているだけでしょう
懲戒制度の一端にマスコミも関わっているということです。
痴漢をしても盗撮をしても、わいせつ事件を起こしても、嫌がる依頼者に
性行為を求めても、クビにはなりません。弁護士は続けられます。
先日は弁護士が既婚者で不倫、懐妊、DVしても戒告でした。
処分が甘いというマスコミは皆無です。
弁護士がヒーローになるドラマが4月から始まりました。
「そんな奴おらんで~」というツッコミを入れたくなります。
弁護士が正義の味方ということにしておかなければ、マスコミ系列の
テレビの視聴率にも影響するとでも思っているのでしょうか
横並びの護送船団方式の司法記者クラブ
他と同じ記事を書いていたら安心、日本の報道の自由度が世界の下位になるのもうなずます。報道の自由よりもネタをくれるところを大事にし
自分たちは取材しなくても記事が書ける。
                     (鴨川司朗)

この記事に