女子生徒にわいせつメール 高校教諭を懲戒免職へ 愛知
2011年3月3日12時30分 朝日新聞

 愛知県立守山高校(名古屋市守山区、小島伸之校長)の男性教諭(33)が、昨年10月に1年生の女子生徒にわいせつな内容のメールを送り、県警からストーカー規制法に基づき警告を受けていたことがわかった。県教育委員会が3日発表した。生徒はショックを受け、11月から登校できなくなり、今年1月に自主退学した。県教委は教諭を同日午後にも懲戒免職処分にする。

 県教委によると、教諭は昨年10月1~4日、被害を受けた生徒の担任教諭の男性を装うなどし、この生徒の携帯電話に計16通のメールを送信。内容は「下着がほしい」「初体験はしたの?」「結婚を考えてほしい」などだった。生徒のメールアドレスは、コミュニティーサイトで知ったという。

 同月20日には、同校の校長あてに、この生徒の保護者名で「担任が娘に言い寄ってきて困っている」との内容の手紙を送ったという。

 生徒側から相談を受けた県警が11月18日、教諭に事情を聴くとメール送信を認めたという。県警はストーカー規制法に基づき、同月25日付でつきまとわないよう文書で警告した。

 県教委の調査に、教諭は「生徒の担任に冷たくされたのでやった」などと話している。他にも、わいせつな言葉をかけられた女子生徒が複数いるという。

 教諭は2007年4月に採用され、被害を受けた生徒とは別の1年生の学級担任だった。県警に事情を聴かれた後、学校を休んでいる。県教委教職員課の原田徳男課長は3日の記者会見で「あってはならないことが起きた。不祥事防止に向けてできる限りのことをする」と述べた。

----

<ストーカー>女子生徒にメール 男性教諭を懲戒免職へ
毎日新聞 2011年3月3日(木)13時36分配信

 女子生徒に卑わいな内容のメールを繰り返し送ったとして、愛知県立守山高(名古屋市守山区)の男性教諭(33)が、県警からストーカー規制法に基づき警告を受けていたことが分かった。女子生徒はメールの送り主が教諭と判明した昨年11月から体調を崩し、今年1月に退学した。県教委は3日、この教諭を懲戒免職処分にする。

 県教委教職員課によると、教諭は昨年10月1~4日、同校の1年女子生徒の携帯電話に、同僚の男性教諭や男子生徒になりすまして計16回にわたり、「下着が欲しい」「初体験はもうしたのか」などとメールを送った。また、女子生徒の保護者になりすまし、校長あてに、メールで名前を利用した同僚について「相談したい」などという内容の手紙を送っていたという。

 女子生徒が県警に被害届を出し、県警は昨年11月25日、ストーカー規制法に基づいて教諭に警告書を出した。教諭は同18日に県警の事情聴取を受けた以後、休暇を取っている。

 この教諭は07年4月に採用され、昨年4月から同校。県教委に対し「仕事の中で同僚教諭から冷たくされた」などと話しているという。【福島祥】

コメント一覧

    • 1.アンチ守山高校
    • 2011年03月29日 16:49
    • 私はこの守山高校の教諭I氏に不特定多数の人間がいる前で盗撮犯と言いがかりをつけられ現在名誉棄損で訴訟手続きをしています。
      このI氏以外にその場に同席していた名古屋市立工業、名南高校の2名の教諭からも同様の侮辱を受けた経緯があります。
      「あなたが盗撮を行っていたのは明らかで一部始終を見ていた」と言うため所持していたカメラの中身を見せたが彼らの言うものは何も出てこず、謝罪すらしようとしなかった。
      わたしとしては全く身に覚えがないどころか突然の出来事で呆気にとられ彼ら三人に取り囲まれて逆に恐怖感を覚えました。
      この件は去年の5月のことで既にわいせつ行為をしていた教員が警察から警告を受けていたことが考えられます。
      やはりこれは管理責任と言う観点から小島校長への処分も必要だと考えます。

コメントする

名前
URL