NHK堀アナ退職 原発映画が原因?
 NHK「ニュースウオッチ9」のリポーターなどを務めた堀潤アナウンサー(35)が、4月1日付で退職することが19日、分かった。NHKによると退職理由は「一身上の都合」。今月18日に退職願を提出し、この日までに受理された。退職後については「インターネットを使った次世代の情報発信を確立したい」と説明しているという。

 堀アナは昨年6月から、NHKの人材育成プログラムを利用し米・カリフォルニア大に留学、東京電力福島第1原発事故などを題材にしたドキュメンタリー映画を製作した。現地で市民向け上映会を企画したが、NHKは「留学の成果を大学外部で上映することは留学の目的から逸脱している」と認めなかった。

 堀アナとNHKの関係はそれ以前からぎくしゃくしていた。堀アナはツイッターなどで社会問題や報道に対する率直な意見を度々発表。3月11日には、2年前の福島第1原発事故の際のNHKの報道のあり方を批判した。復帰後の4月から「きょうの料理」などを担当することになっていたが、今月16日のツイートで「僕が制作した映画や一連ツイートの件で、春からの番組収録もペンディングだと告げられました」と番組を降板する可能性を示唆、上司と面談することを明かしていた。(転載終了)

 さて、すでにご存知だと思いますが、NHKのイケメンアナウンサーで有名な「堀潤アナ」が退職したことが、大きな話題となっています。

大体こういった報道関係者が退職するという時は、不祥事などが圧倒的に多いですが、今回の堀潤アナは、不祥事どころか、自らの信念を突き通して権力へと立ち向かった大変名誉ある退職であると思います。NHKは、自らの保身のために有力な人材を失っただけでなく、これがきっかけに自らの首を絞めるような事態へと将来的に発展するでしょう。

山本太郎さんをはじめ、こういった次世代の人々が、各業界から目覚めて行動していく姿は、とても勇気のある素晴らしい姿だと思います。

ということで、退職に至るまでの一連の流れをご存知でない方もいると思いますので、以下に簡単にまとめておきます。

まず、上記のニュースでも出ているように、退職に至るまでのポイントとなるのが「映画製作」「ツィート」になります。

先に「ツィート」の件をお伝えすると、以下が3月に入ってからの堀潤アナのツィッターでの主な発言となります。


【堀潤氏ツィート】
2013-03-03 17:48:06 ..... ..まさか自分が「フライデー」されることになるとは。。。熱愛報道ではありませんが。http://t.co/mmvys3HK26 


8bit_HORIJUN 2013-03-08 04:34:25 ..... ..ふうっ。闘うのも本当にしんどいなぁ。。。


8bit_HORIJUN 2013-03-09 14:24:52 ..... ..国民の知る権利を制度を楯につぶしにかかるとは。


8bit_HORIJUN 2013-03-09 14:27:53 ..... ..不安と闘い情報を求め事実を知りたいと願う市民の思いをメディア側が組織防衛のため踏みにじっていくというのは許されない行為だ。「皆様の」というのであれば、なぜそうした市民の願いを一方的に封殺するのか。公共メディアは一部の人間の保身と組織防衛に腐心する腐った大人達のためのものではない。


8bit_HORIJUN 2013-03-09 14:32:23 ..... ..よく「週刊誌なんて」という言い方をする大手メディアの人間がいるけれど今回「フライデー」に掲載されたUCLAでの僕の活動の様子を取材したフリージャーナリストの方は、丁寧で真摯な取材を続けていてこちらも頭が下がる思いだった。今日はロス留学中の若手官僚とも話した。皆、闘っているんだな。


8bit_HORIJUN 2013-03-09 14:48:27 ..... ..震災から2年。原発事故発生のあの日私たちNHKはSPEEDIの存在を知りながら「精度の信頼性に欠ける」とした文部科学省の方針に沿って、自らデータを報道することを取りやめた。国民の生命、財産を守る公共放送の役割を果たさなかった。私たちの不作為を徹底的に反省し謝罪しなければならない。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 14:29:50 ..... ..パニックを抑え社会の均衡を保つための判断であったとしても、統制された情報によって福島県をはじめとした近隣住民の皆さんへ長年に渡る不安を与えた事実を正面から受け止め、償いを続けそれだけに市民に寄り添った報道を徹底しなければいけない。僕は頭を下げながら一生この原発事故の取材を続ける。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 14:36:28 ..... ..自らあの日ニューススタジオにいながらそうした事実をきちんと伝えられなかったことに対し、心から謝罪します。福島の皆さん。取材でそれまで沢山お世話になっていたにも関わらず、役にたてなくて本当に申し訳ありませんでした。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 14:49:43 ..... ..反原発だと思想的にレッテルを貼る人がいますが僕はそうは思いません。取材をすればするほど原発の安全対策が不十分であることがわかります。事故が起きた時の交通インフラや避難誘導の仕組みも今は不十分です。徹底的にこの問題と向き合い課題解決に知恵を絞らなければ世界の何処かでまた犠牲出ます。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 14:55:17 ..... ..僕がUCLAで作った映画が局内で大問題になり、ロスで米国市民の皆さんが企画した上映会も中止に追い込まれました。「反原発と言われるものは困る」と指摘を受けましたが、事故が起きたことによる不条理な現状を描いているに過ぎません。市民が共有し未来に活かさなくてはならないものです。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 15:04:19 ..... ..米国市民からは突然の上映中止の通達に「日本ではこれが日常なのか?」と怒りを通り越して驚き理解ができないという声が上がっています。僕が学生の時に研究し太平洋戦争下の状況と本質は変わりません。公共メディアは誰のものか?知る権利を有する市民のものです。表現の自由を有する市民のものです。


8bit_HORIJUN 2013-03-11 15:08:30 ..... ..メディアに関わる一人一人がそれらの権利を常に最優先に掲げ、発信に努めなければなりません。あの日犠牲になり、そして今も情報が届かなかったことで不安と向き合う日々を過ごしている皆さんのことを想い。亡くなった方々への哀悼の意を示し、黙祷を捧げます。.返信 RT お気に入り .


8bit_HORIJUN 2013-03-11 15:13:45 .....

UCLAで製作中の映画が完成。福島、スリーマイル、そして50年もの間詳細が明らかにされてこなかったカリフォルニア・サンタスザーナ野外実験所で起きたメルトダウン事故を追った。いかされなかったスリーマイルの経験。日本政府が避難区域を狭めた本当の理由とは。原発作業員からの内部告発も。

このように、主に反原発やNHKを中心とした報道機関の情報統制などに疑問を持ち、それらに対して自分の気持ちを素直に表現している発言がNHKの上層部をはじめ、そのバックに潜む原発利権にすがる政界、経済界の連中の鼻についたようで、そこから圧力がかかっていたのが退職の真相のようです。

そして、上記の最初の「ツィート」でも出て来た「フライデー」の件というのが、以下に転載する記事のことであり、ここで、もう1つのポイントである「映画製作」のことや、そもそも原発や報道に疑問を持ち始めた動機や経緯などが出ています。

NHK「イケメン」堀潤アナが世に問う「反原発映画」 総力特集「原発&放射能危機!」

※UCLAで行われた上映会。堀氏が説明を始めると、多くの人がカメラを構え、熱心にメモを取っていた

 2月28日、アメリカ・UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の視聴覚室で、ある自主制作ドキュメンタリー映画の上映会が開催された。集まった数十名の観客は監督・堀潤氏(35)の説明に聞き入っていた。

「テレビではやれないことをやりたかった」

 上映会でそう語った堀氏は、端正な顔立ちで〝NHKきってのイケメンアナ〟として知られた存在。'77年に兵庫県に生まれ、神奈川県立横浜平沼高校、立教大学文学部ドイツ文学科を卒業後、'01年にNHKに入局した。『ニュースウオッチ9』のリポーター時代には、報道局が特ダネに対して贈る賞を4年連続で5回も受賞。'10年には32歳の若さで『Bizスポ』の総合司会に抜擢された。女性人気だけでなくアナウンス技術も高く評価され、NHK次代のエースと目されていた。そのままいけば、間違いなく『ニュース7』キャスターなど、NHKアナウンサーとしての〝王道〟を歩んだだろう。転機となったのは、'11年の東日本大震災だった。原発事故後、反原発発言や、NHKの〝誤報道〟への謝罪や批判をtwitterで発信し続けたのだ。

〈福島県で除染作業に携わっていた60代の男性が亡くなった。男性の死亡原因について国は「除染作業と関係はない」としているが何故関係がないと判断したのか、その根拠も示さなくてはいけない。チェルノブイリ事故でさえ人体への影響について研究が続けられている最中だというのに。情報公開の徹底を!〉('11年12月12日)

〈国や組織に期待してはだめだ。もうだめだ。僕らで動こう。僕らで考えよう。僕らでこの国を変えよう。だって、僕らの国なんだからさ〉('11年12月12日)




※少し髭が伸びた堀氏。この留学中に、朝日新聞LA支局に勤務する女性と結婚した

 堀氏の踏み込んだ発言は局内で問題視され、徐々に立場を失っていく。出世街道を捨ててまで、彼を突き動かしたものはなんだったのか。原発の取材をする中、交友するようになった堀氏が、ある時、こう話してくれた。

「ちょうど震災の2週間前、福島の農家の人たちを取材したんです。地銀と協力してブランド力のあるアスパラガスや養殖のマスを売り出そうという取り組みをされていたのですが、事故が起き、農家の方々の生活は完全に破壊されてしまった。それだけ影響力の大きい原発の安全対策があまりに杜撰なことに憤りを覚えたのがきっかけです。局内で僕は〝テロリスト〟のような扱いで、上層部の部屋に何度も呼び出されました。ですが、その度に、耳を塞ぐように聞いていましたね(笑)」

 局内で行き場を失ってしまった堀氏は、『Bizスポ』の終了に伴い、昨年3月から、UCLAに留学した。客員研究員としてデジタルメディアの研究をする傍らで、日米各地で原発の取材をし、ドキュメンタリー映画『変身』の制作に打ち込んできた。その作品の上映会が開催されたのだ。

『変身』は、福島、ペンシルベニア州のスリーマイル、ロサンゼルス郊外のサンタスザーナのメルトダウン事故を追った作品。被災者や原発作業員の内部告発などから構成され、徹底した反原発の視点から語られている。堀氏は上映会でこう力説した。

「事故が起きた、忘れた、の繰り返しではなく、将来、世界のどこかで起きるかもしれない事故に備え、過去の事故の経験や知識を共有しなくてはならないという思いから、この映画を作りました」

復帰先は「きょうの料理」

 堀氏は〝テレビではやれないこと〟へのジレンマを抱えてきたのだろう。テレビ番組の数分の短いニュースは結論まで決まった台本が先にあり、それに合う映像を撮ってこなくてはならない。そのため、〝大本営〟発表に偏りがちになり、市民一人一人が抱えている不安や思いはこぼれ落ちてしまうことが多い。情報が多くの人たちと共有され、知恵が結集されることで、そこからいい解決法が生まれて来ると堀氏は考える。今回の映画でも、市民の提案や映像を4割も取り入れたという。


※堀氏が監督を務めた映画『変身』は、フランツ・カフカの同名小説になぞらえたもの。ひたむきに働いてきたものの、〝変身〟して毒虫になってしまったことで忌み嫌われ、疎外される小説の主人公と、世間から忘れ去られ、孤立してしまっている被災者の問題を重ね合わせたという。3月9日にもロサンゼルスで特別上映会が開催される

「テレビは、社の価値基準で判断した一つの最終完成形しか公開しません。しかし、〝テレビの取材はまだここまでしか到達していない〟ということが分かれば、専門家や市民が新たな角度やデータを提案して、別の到達地点を探すことができる。テレビは多様な見解や提案を受け付け、それらを研究するシンクタンク的存在になるべきだと思います」

 4月から、堀氏はNHKに復帰し、日本に戻ってくる。しかし、報道番組ではなく、『きょうの料理』の司会者としてだ。

 二度と政治的な発言をしないようにと用意されたポストだろう。「1年後はどうなっているか。フリーになっているかもしれない」と笑うが、仮にそうなったとしても、政治的な発言を繰り返す彼を起用しようとするメディアは多くはないだろう。だが、本人はこう語る。

「これまで、上を恐れずに発言してきたつもりです。そして、これからもおかしなことがあれば意見して変えていきたい」

 アナウンサーとしては、茨の道が待っているかもしれない。しかし、〝王道人生〟を捨てたイケメンアナは、自分の信念に忠実であり続ける。(「フライデー」2013年3月22日号より)

結局は、茨の道どころか退職の道を自ら選んだ堀潤アナですが、この退職についてをフェイスブック上で発言した言葉があるので、以下に転載しておきます。

「皆様に報告です。本日、退職届を出しました。先週米国から帰国後、春からの担当番組は全てキャンセルだと告げられ、さらに懲戒処分の検討が始まっていたので、家族とも相談し、先手を打って退職する道を選びました。NHKに残って頑張って!という声をたくさん頂きましたが、政界、産業界をバックにした会長筋からの圧力は強く、闘いきれませんでした。しかし、本当の発信はこれからです。今も、不安の渦中にいる一人一人の皆さんのために、取材をつづけ、メッセージを投げかけていきます。皆さんの期待に応えられず申し訳ない思いでいっぱいですが、これからドライブをかけて参りますので今後ともよろしくお願い致します!」

こういった人々を「日本の未来をつくる会」では、是非とも応援をしていきたいと思います。何の後ろ盾もなく、今の権力者達に立ち向かうには、まだまだ危険がある時代でもありますので…。

そして、報道機関が真実の情報を報道できないのであれば、そんなメディアは必要ないので、NHKも近い将来に体制を変えないのであれば、やがて国民からは支持されずに消えてしまうでしょう。もっとも、NHKにはしっかりとCIA専用の部屋があり、そこから報道の指示が出ているので、今のままの支配体制では内部からを変えることは不可能だと思いますが。

そうなると、既存のメディアは壊滅的なので、こういった堀潤アナのような次世代の人々が、インターネットを駆使した新しい報道機関などを立ち上げ、真実の情報を発信していってもらうしかないですね。

いずれにしても応援しています。