2009年05月22日(金) 06時23分22秒
       

   クリックマジでよろしくです!

 


 

  

症例シリーズ執筆の時間を利用して、就活でついつい

やりがちなマナー違反と、ついつい口にしがちな禁句

紹介していくことにする。細かいことだが大切なことだ

学生諸君は注意するべし。敢えてこうやって具体的に

指摘されないでいると、マナー違反や禁句を気付かない

ままで堂々としている学生さんは非常に多いぞ

 

 

  

 

 


こんなマナー違反に気をつけろ!

 

  

  

 

       



                   

×

「訪問企業の不祥事について質問する」

   



   

      
近頃はどんな企業でもコンプライアンス(法令順守が叫ばれ

ている。専門部署を設けている企業も多くなっている。世間の

目も自然に厳しくなっている。そのため不祥事が以前よりも公

になる例が増えている現実がある。以前は内部処理で済んだ

はずのトラブルが大きく報道されたりもする。もちろん、これは
正常な姿だ。特に上場企業の場合は投資する株主に正確な
情報を開示することは、資本主義社会としては大切なこと。

        

・・・というタテマエを延々と書くのがこのブログの目的で

はない。現実論を書こう。要は社会的に表沙汰になるような
不祥事を抱えている企業が以前よりも格段に増
えていという

ことなのだ。あなたが面接やOB訪問で接触する企業の大多数

が、過去にもしくは現在において何らかの傷を持っていると考え

た方が無難だ。まったく清廉潔白でトラブルゼロなんていう企業

は多分めったに存在しないだろう。

 

生身の人間が働いているのだから、多かれ少なかれ失敗やトラ

ブルなど不祥事があるだろう過去に遡って不祥事が存在しない

企業を探す方が難しい。これは現実。

           

学生さんに勘違いをしている人がいる。自分自身の切れ味の鋭さ

をアピールするために、訪問先企業の不祥事問題について正面

から質問したり、自論を述べたりする人が意外にたくさんいる

 

はっきり言ってこれは超無礼。その企業に勤務する人にとって

不祥事問題は大変耳が痛い話題。そもそも日常からさんざん世間

に叩かれたり行動を制約されたり嫌な思いをたくさんしている反省
だって十分しているはずだ。そんな相手に、単なる学生のあなたが

改めて傷口に塩を塗るような真似をしていいのだろうか。答えは否だ。

 

あなたが知っているくらいだから、その不祥事問題は十分に報道さ

れて情報開示もされているのだろう。あなたがわざわざ報道記者の

真似をしてその問題を調べてもまったく意味が無い。報道されてい

る情報が全てだと思っていればいいのだし、もしも報道されていない

ような秘密の内部情報があるとしても、単なる甘い学生のあなたに

そんな重要機密を話すはずがないではないか

            

つまり不祥事問題の質問はまったく意味が無い上に、相手を不愉快

にさせるだけのものなのだ

 
百害あって一利なし。もしも不祥事問題が気になるのなら自分で情報

収集をして自身の価値観で判断すればいいし、それでも満足出来ない

くらい疑惑の念を拭えないならばその企業を受けなければいいのだ

 

不祥事問題について正確な情報をしっかり把握して自分なりの判断

をしておくことは大変重要だが、わざわざOB訪問や面接のような

場所でその話題をことさらに持ち出す行為は大変無礼だということを

わかっておこう。これ・・・あくまで現実論ということで。

           

相手の立場になって考えればこういうマナー違反は起きないはず。

   

   

     

少しでもこの記事がお役に立てたらワンクリックのご協力を!
  

  

AD

2代目古井戸先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD