the Fourth Avenue Cafe

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「the Fourth Avenue Café」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

よくスペルを「Forth」や「Force」と間違えられる事が多く、『True』初回盤のブックレットでも間違えられているほか、オフィシャルなどの曲表記もスペリングミスをしたまま記載されることがある。

だが、2月24日にドラマーであるsakura覚せい剤取締法違反で逮捕、バンドが活動休止となってしまったため、シングル発売の予定も全て白紙となってしまった。また、前述の『るろうに剣心』のエンディングテーマとしても僅か4話分(第39話~第42話まで)が放映されたのみで差し替えとなっている(セルビデオ版では差し替えられる事なく、予定話数分で使用された)。そのためか、この曲が「るろうに剣心」のエンディングテーマだということの認知度が低い。ちなみに、この曲に代わり7thシングルとして発売された「」は、後に公開された同アニメの劇場版のオープニングテーマとして起用されている。

2006年8月30日、L'Arc〜en〜Cielの15周年を記念した企画の一環で8cmCDだった1st-14thシングルの再発と共に、上記の理由で未CD化だったこのシングルも発売された。奇しくも7月からはアニメ版で本曲が使われた『るろうに剣心』完全版の刊行が始まっている時期であった。この15枚の再盤シングルは全てがオリコン週間ランキング30位以内にランクされているものの、リリース自体が行われていないこの作品のみが、最高位5位を記録した後も数週間上位にランクされ続けた。しかし、約10年前にリリースされたアルバムからのリカットシングルであったこともあり、ラルクのシングル作品では最も低い売上を記録している。

なお、タイトルの「é」(アキュート・アクセント)はこの再発以降正式な表記とされ、以後リリースされた作品には全て付与されている(当該シングルのパッケージ・ブックレットの表記はオリジナルのままで、これに従っていない)。

シングル発売週前後のメンバーのラジオテレビ等メディア出演によるプロモーション活動は一切行われておらず、テレビでの披露は現在までされていない。また、ミュージック・ビデオはsakura在籍時に出来上がっていたが、未だに発表されていない。

  1. D'ARK〜EN〜CIEL [16:52]
    ラルクメンバーによるパートチェンジユニット。メンバーはDARK TETSU(tetsuya/Vo)、HYDE DARK(hyde/G)、Suck・D'ark・la(sakura/B)、Kën D'Ark(ken/Dr)。演奏するものは全てオリジナル曲である。このCDに収録されている曲以外に「皆殺し」「バナナマスク」「鬼殺し」などの未発表曲がある。また裏ジャケットとしてhydeが1997年当時ファンであったねこぢるのイラストが採用されている。
    (1) DARK SONG (作曲:hyde / 編曲:D'ARK〜EN〜CIEL) - 0:00 - 1:15
    (2) D・A・R・K 〜DARK IN MY LIFE〜 (作詞・作曲:hyde / 編曲:D'ARK〜EN〜CIEL) - 1:16 - 2:53
    (3) ACCIDENT (作曲:hyde / 編曲:D'ARK〜EN〜CIEL) - 2:54 - 3:01
    (4) INSANITY (作詞:tetsu / 作曲:hyde / 編曲:D'ARK〜EN〜CIEL) - 3:02 - 4:36
    (隠しトラック) FROM HELL - 16:03 - 16:52まで、ギターとドラムによる演奏が入る。

参加ミュージシャン

  1. 1997年リリース予定だったシングルの裏ジャケットにも採用されていたが、今回採用されたものは当時のイラストとは異なる。

収録アルバム

オリジナルアルバム

  • True』 (#1,アルバムバージョン)

ベストアルバム