杏主演ドラマの原作『不祥事』『銀行総務特命』のあらすじ・内容は?


------------------------------------------------------------------------------------------


 今回、女優・杏さんが出演するドラマ『花咲舞が黙っていない(仮)』の主人公・花咲舞は『まるで女半沢だ』と原作を読んだ読者達は話します。
 半沢直樹でお馴染みの小説家・池井戸潤さんの作品『不祥事』『銀行総務特命』が今回のドラマの原作だということで、今回はこれらのあらすじを取り上げることにしました。



http://blogs.yahoo.co.jp/


『不祥事』


あらすじ・内容



銀行の中で、営業課の事務処理に問題を抱える支店を個別に指導し、解決に導く部署に異動になった花咲舞。彼女は数いるテラーの中でも驚異的な事務処理能力を持つ女子行員で、誰に対しても言いたいことを言い、時には相手を張り倒すくらいの勢いで不正を正そうとする。
・花咲が上司にズバッ!と言いたいことを整然と言う姿にスッキリした気分になれました。

・現代社会にこんな人存在するのかしら?と思いつつも、読んでて気持ちよかった

・女性をフォーカスした内容は初めてだったので非常に新鮮で、花咲舞が不正を見抜きやっつけて行く姿は爽快。

・組織と自己利益に凝り固まった上司たちに物怖じしないで言ってのける花咲さんは女性版の半沢さんのようでした。

・ まあ、チョット出来すぎてはいるが読み物としては面白い。


 8つの短編小説で、それぞれの章に少しずつ関わりがあり、それらが最後につながる伏線になっていて、あきずにスラスラ読めるとのこと。

 ドラマの半沢直樹を見ていたときと同様、上司の悪をブッた切っていく爽快感が今回のドラマでも味わえるかもしれませんね!(^^)!
 ちなみにこの作品は、主人公は違いますが、次に紹介する『銀行総務特命』続編になるそうです。







『銀行総務特命』


あらすじ・内容



帝都銀行の内部で起こる不祥事を捜査する特命を受ける指宿修平。情報漏洩や裏金、ストーカーなどなど銀行での不祥事を捜査しているうちに、周りからは逆恨みされ、引きずり降ろそうという動きも出始める。そんな動きに部下の唐木怜と共に立ち向かう。8編収録の短編集


読者の感想

・銀行員ってこんなに悪いことしてて、嫌な人間が多いのかしら…と思ってしまうようなお話です。これを読んだら銀行に就職したくなくなるんじゃなかしら。

・総務部特命担当の指宿が銀行内の難題を解決する短編集。余韻を残しながらの終わり方がなんかいい

・総務部特命ということで、他の行員からは白い目で見られながらも、一つずつ目の前の問題に向かっている指宿。元係員の鏑木や新たに加わった唐木。指宿の行動を見ているうちに賛同者が増えていくようだ。

・他の作品よりハードで、勧善懲悪ではあるもののスッキリ感が少ない。

・銀行が舞台という点では「不祥事」と共通しているのですが、登場人物のキャラがだいぶハードボイルド寄りというか、クールというか、だいぶ雰囲気が違いますね。いずれにしても完成度は高い
この作家さんお得意の銀行物です。


 この作品では、『不祥事』よりも、顧客名簿漏洩やストーカー被害、ペイオフを悪用した搾取、家族の誘拐などの刑事事件が多く、銀行員の嫌な部分や辛く悲しい部分が体感できる物語になっています。



 花咲舞が主人公の爽快感溢れる『不祥事』と、それよりももっと銀行の闇を覗ける『銀行総務特命』が融合するであろう今回のドラマ『花咲舞が黙っていない(仮)』。また『半沢直樹』のようなスカッと感を味あわせてくれるのでしょうか。楽しみです!(^^)!









 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい



コメント欄(^_^;)


トラックバック