相棒における警察の描写についてどう思いますか?

相棒における警察の描写についてどう思いますか?

「相棒」を見ていると、 他の刑事ドラマとは違って警察官や刑事が一般人(特に被疑者や重要参考人)に対して横柄な態度や口調や煽るような取り調べ、恫喝、明らかに多い刑事に囲まれて取り調べといったシーンが多いのですが、
やはり現実の警察もあんな感じの取り調べなのでしょうか。


あと、警察の不祥事を扱う話も多くあり、大抵上層部から圧力や妨害を受ける、そして警察幹部たちは自己保身ばかりを気にするというパターンです。 実際表沙汰にならないものの、警察内部でもみ消されている不祥事も多いのでしょうか?
(ドラマでは右京さんが何かしらの形で表沙汰にしますが…。)


「相棒」自体は自分自身も好きなのですが、警察のこういうシーンや話を見ると警察不信までは行かないものの、警察ってこうなんだろうかと思ってしまいます。
もちろん、あくまでフィクションだという認識はあってのことですが。


以上の点を含めて、相棒における警察の描写についてどう思いますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

相棒における警察の描写は誇張されていますね。
フィクションだし特命係の活躍がメインなので多少無理がある。
警察不祥事の隠蔽、裏金、冤罪‥‥
表に出る不祥事って言っても飲酒運転や万引き、下着泥棒でしょう。
あれこそ、警察がマスコミを通じて”ガス抜き”を謀っている証拠。
パチンコや風俗業界、暴力団とズブズブな関係でも決して表沙汰にはならない。

合法ヤクザ=警察です。

相棒の場合、捜一トリオの上司が見当たらず、
いきなりキャリアの刑事部長に報告に行くという縦割り組織ではありえない構図があり、
あたかも刑事部長や参事官が直属の上司みたいに描かれます。
特命係を呼び付け怒鳴り付けたりするのも刑事部長‥‥明らかな越権行為です。

いちいち挙げていくとキリがないですね。
フィクションとして愉しめればいいと思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順

    現実もあんなもんだと思いますよ。

    だって最近も冤罪が発覚しましたよね。
    それも裁判で「無罪」とされただけで、
    真相はわかりませんタイプじゃなっくって、
    真犯人が名乗り出て冤罪だと証明されたタイプで。
    ちょっと前には婦女暴行事件で、実刑判決を受けて、
    刑期を終えた後で真犯人が逮捕されました。
    しかも別件で逮捕された真犯人が別の事件も自白したから。
    何故本当に無実だった人が「自白」したのか。
    そりゃどう考えても取り調べで自白を強要されたからでしょう。
    それに不祥事も。
    たまに隠しきれなかったのが表ざたになりますよね。
    この前のストーカー事件では、最初は認めようともせず、謝罪もしない。
    被害者側の嘘情報を流して、被害者の自業自得的な世論の流れを誘導までした。
    警察が被害者を二度殺したんです。
    一度目は告訴状を受け取らず。(これは違法行為です)
    二度目は被害者を貶める嘘情報をマスコミに流して。
    裏金問題も告発した人が無理やり辞めさせられてうやむやにされました。

    正直現実はもっと汚いと思いますよ。

    あれくらい派手にした方が面白みがあっていいのではないでしょうか。複雑な人間関係、隠しておきたい事実を杉下さんがほじくり出す。見てて面白いと思います。

    みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

    Q&Aをキーワードで検索: