よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の若手芸人が、都内に住む会社員の女性を集団で乱暴したとして、吉本を解雇されていたことを5月24日の「文春オンライン」が報じている。

 

記事によると、解雇されたのは27歳のTと30歳のNで、ここにはフリーランスのお笑い芸人W(29)も加わっていたという。

 

文春は加害者、被害者とも名前をイニシャルで報じているが、芸人NとW、Tの3人は顔が分からないようぼかしを入れて画像を記事に掲載。

 

さっそく、2ちゃんの特定班は芸人が誰なのか画像を頼りに捜索し始めた。

 

その結果、主犯格のTが妄想バックドロップのたかやん、Nがりむじんの西川祐樹、WがハンドレッドのWAKAと判明。WAKAに至っては現在ツイッターが閉鎖されている状態だ。

Sponsored Link


文春が報じた吉本芸人の解雇 イニシャルTとNは誰?

文春によると、吉本芸人のTと被害者の女性はツイキャスを通じて知り合い、3月26日、Tの誘いで東京・中野区の居酒屋に飲みに行くことになったという。

 

そこに合流したのがNとW。そして、居酒屋を後にした一行は、その後Tの自宅アパートへと向かったそうだ。

 

そこで女性は被害に遭い、3月28日に吉本にTらの行為を告発。当時3人はお互いに動画を撮り合い、Tに至ってはカメラに向かってガッツポーズやピースまでしていたとか。

 

さらに被害女性は警察に通報。警察は5月16日に3人を任意聴取し、スマートフォンを押収して現在捜査に乗り出しているそうだ。

 

 

今回の件に関して文春が吉本の広報室担当者に聞くと、「マネジメント契約を解除した元所属タレントにかかわる問題であり、捜査中とも伺っているのでお答えすることは控えさせていただきます」との返答があったといい、詳細は5月25日発売の週刊文春が報じるという。

 

だが、その前に2ちゃんの特定班はイニシャルNとW、Tが誰なのかを突き止めた模様。

 

その情報によると主犯格のTが妄想バックドロップのたかやん、Nがりむじんの西川祐樹、WがハンドレッドのWAKAだという。

 

2ちゃんでは当初、イニシャルNは、鶏あえずの西原大樹という声が上がっていたようだが、年齢が合わないことから違うと判断。

どうやら西原に関しては、別の事件を起こしているということである。

Sponsored Link


文春が報じた吉本芸人の解雇 イニシャルWのツイッターが閉鎖

文春によると吉本を解雇されたのはTとNの2人。Wに関しては書かれていない。

 

イニシャルWがハンドレッドのWAKAだとしたら、ハンドレッドは1月に解散。その後WAKAはピン芸人として活動しているが、現在ツイッターは閉鎖されている。

 

 

また、主犯格のTが妄想バックドロップのたかやんだった場合、たかやんのツイッターは現在でも観覧できる状態だが、5月9日以降は音沙汰なしである。

 

そしてNがりむじんの西川祐樹の場合、西川のツイッターには鍵がかけられ観覧することができない状態。

 

当初2ちゃんでは、Nは鶏あえずの西原とみていたようだが、西原は別の事件で逮捕されたとの噂もあって、26歳という年齢からして報道されている内容とは合致していなかった。

 

その点、30歳の西川は報道の年齢と一致。りむじんが2014年に解散していることもあって断定に至ったようである。

 

吉本は、先日のガリガリガリクソンの飲酒と、立て続けに不祥事が発覚。管理不行き届きと責められているが、あれだけ芸人の数がいたら致し方ないのかもしれない。


Sponsored Link