レノボPC「にはんじん」「おやすみ」落書き事件でレノボ側が落書き犯人を特定しメッセージの真相が判明


 
3月11日の東日本大震災追悼日に届いたレノボのパソコンから「にはんじん」「おやすみ」と内部に落書きされているのが見つかった件で被害者の方が続報を伝えています。

この騒動は3月11日に届いたレノボのPCにメモリーを増設するため背面を開けたところ、内部に「にはんじん」「おやすみ」と落書きされていたのが見つかったとして「気持ち悪く、怖い」と感じた購入者が3月14日にTwitterで経緯を公開し注目を集めていたものです。

ツイート主はすぐにレノボ・ジャパンに写真を送ったそうですが、謝罪はあったもののレノボ側は「PCを返却して欲しい」「調査結果の公表はしない」と回答したそうで、納得できないとする購入者の方によるその後の情報が待たれていました。

3月17日に購入者の方は再びTwitterでその後の顛末を語っています。それによるとレノボ側では既に落書きをした作業員を特定しておりしかるべき措置を講じるそうですが、落書き犯を特定したことで「にはんじん」「おやすみ」の意味もわかったようです。

それによると従業員は日本語を学んでいるために日本語で落書きしたこと、また夜間のシフト中だったことから「おやすみ」と書いたと説明されたということです。

レノボ側の調査によると落書きはこの1件のみであったことが確認できたため、購入者の方もこの件についてレノボ側がプレスリリースを出さないことを承諾、今後商品を交換して一件落着となる模様です。

「にはんじん」「おやすみ」と落書きされたパソコン内部の写真を添付したツイートは5,000回近くリツイートされていることもあり、今回の件が例外的な事案であったにせよレノボのイメージに影響が出る可能性もありそうでその点からはプレスリリースを発表しないとしたレノボの判断が正しかったかどうかはまだわかりません。

ツイート主である購入者に対しては「勉強になりました」との声も早速届いていました。
 


 


記事が面白かったら「いいね!」 


BuzzNews.JPは新着記事配信にご登録の上、当サイトにてお楽しみ下さい。




当サイトではコンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じています。
当サイトは「BuzzFeed Japan株式会社」とは何の関係もありません。また2015年2月に閉鎖されたバイラルメディア「BUZZNEWS」やその関係者とも一切関係ありません。