もし相撲界のあの不祥事が大騒ぎになっていたら

提供: chakuwiki

近年大相撲では不祥事が相次いでいますが、かつてもあまり大きく報道されなかっただけで不祥事は起きています。もしそれらの不祥事が大騒ぎになっていたら?

1947年・璽光尊事件

  1. 双葉山は角界を追われていた。
    • 時津風理事長は誕生せず。
    • 「時津風一門」は存在しなかった。
  2. 当時の出羽海理事長(元横綱常ノ花)が自殺していたかもしれない…
  3. 貴乃花「洗脳騒動」の比ではなかったろう。
    • 当時はいまほどマスコミがやかましくなかった。
  4. 現役力士や親方が新興宗教に入信していた場合、マスコミがこの事件を引き合いに出し非難していた。
    • 明武谷がもっと早く廃業したかも。

1965年・角界拳銃密輸事件

  1. 大鵬・柏戸は引退に追い込まれた。
    • 北の富士も。
    • 角界の勢力図は一変していた。
      • 佐田の山は優勝回数二桁に到達。
      • 玉の海の横綱昇進が早まっていた。
    • 大鵬の45連勝がないため戸田の知名度は低かった。
      • 2度目の34連勝もないため淺瀬川は「番付運の悪かった平幕止まり」程度の認知度だった。
    • 麒麟児(大麒麟)や藤ノ川が伸び悩む。
      • 後者は協会に残れなかった可能性がある。
  2. 角界最大の汚点になっていただろう。
  3. 若羽黒の存在が黒歴史になった。
  4. その後長い間大相撲の海外巡業が行われなかった。
    • 大鵬や柏戸はアメリカ巡業の際に拳銃を受け取っていた。

1971年・北の富士祝儀事件

  1. 北の富士がNHKのスポーツニュースに解説者として登場することはなかった。
  2. 相撲と暴力団とのつながりが明るみに出た。
    • 八百長の真相が70年代に明らかになっていたか?
  3. 北の富士が引退していた場合、しばらく横綱不在の期間があった。
    • 初日の横綱大関戦が実現することはなかった。
    • 25代木村庄之助は1974年名古屋場所に停年退職。

1975年・輪島ゴルフ事件

  1. 出場停止処分は必至。
    • 75年夏場所後、休場続きの輪島が再起に向けて努力すべき時に、カメラマンの前にゴルフウェア姿で出てきては…
    • どのみち名古屋場所は史実でも全休、処分を受けても図太い性格の輪島にはこたえない?
  2. 押尾川事件の扱いが小さくなる。
  3. 秋場所から黄金色の廻しに変えることもなかったかもしれない。

1976年・陸奥嵐、白田山、暴力団員口論事件

  1. やはり暴力団排除徹底の契機となる。
  2. 白田山の連続出場が不名誉な形で止まった。
  3. 安治川部屋は存在しなかったか、旭富士が大島部屋から独立する形で誕生した。
  4. 九重部屋は慢性的な部屋付き親方の不足に悩まされていた。
    • 千代櫻か巴富士のどちらかは年寄として協会に残っている。

1981年・「さよなら貴ノ花」かわいがり映像放送事件

  1. この年に角界入りを取りやめる人はもっと多かった。
  2. 二子山親方への処分は避けられない。
  3. 2代若乃花・隆の里・大寿山のイメージが悪くなっていた。
    • 若乃花は夏場所を全休したかもしれない。
  4. 部屋全体がしばらくNHKの取材を受け付けなくなった。
  5. これを機に稽古場から竹刀が姿を消した。

1988年・九重部屋序二段力士自殺事件

  1. メディアが真相究明に力を入れる。
  2. 北の富士の九重親方が報道陣の前で深々と頭を下げる。
  3. 北瀬海と北勝海を間違える人が続出した。

1995年・金剛麻雀賭博事件

  1. 金剛は理事になれなかった。
    • 最悪の場合廃業に追い込まれていた。
      • そうなったら麒麟児か大徹が二所ノ関部屋を引き継ぐ。
      • あるいはこの時点で松ヶ根部屋と合併し、若嶋津が二所ノ関親方になっていた。
  2. 逆に後年の賭博問題はなかった?



関連記事