プチエンジェル事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

犯人の29歳の男性は無店舗型の非合法の未成年者デートクラブ「プチエンジェル」を経営。女子高生数人をスカウトとして雇い、渋谷や新宿で「カラオケ5,000円、下着提供10,000円、裸体撮影10,000円」などと書かれたチラシを配ってローティーンの少女を勧誘し、男性客に斡旋、その他わいせつビデオの販売も合わせて多額の利益を得ていた。また本人も過去に買春で逮捕歴があり執行猶予中だった。

  • 2003年7月上旬、少女のうちの1人が渋谷で勧誘され、「会ってくれたお礼」として犯人から金をもらう。犯人からは「いつでもおいで」といわれており、以降も携帯電話で連絡を取っていた。
  • 同月11日、犯人はフェラーリ2台を売却する。また、犯人とは別の男性が赤坂のウィークリーマンションの部屋を契約する。部屋は最上階11階の2LDKで、費用は犯人が払った。
  • 13日、少女4人は犯人から「部屋を1万円で掃除してほしい」と誘われ、渋谷駅前で待ち合わせて、タクシーで赤坂のマンションに連れて行かれる。マンションで掃除を始めると「ここに来た意味わかるよね」と犯人の態度が豹変。手錠と目隠しをされて監禁された。2人が逃げようとするが失敗、手錠にポリタンクや鉄アレイを付けられて逃げられないようにされスタンガンで脅された。
    • 同日深夜 家族から警察に捜索願いが出される。
  • 15日 マスコミで少女が行方不明になったと報道される。
  • 16日午前 警視庁は犯人の逮捕状を2002年3月に中学2年の少女を買春した容疑で請求。捜査員が犯人の住所付近で聞き込みを始める。
    • 同日朝9時頃 犯人はリビングでテント状にしたビニールの中に入り、七輪で練炭自殺を図り死亡した。だがビニールが溶けてしまい(自殺は)不可能だと当時の報道関係者がコメントしている。
  • 17日 物音が聞こえなくなったのを見計らい、少女の1人が手錠をはずして脱出、外に出て近くの花屋に助けを求める。駆けつけた警察官が4人を保護、犯人の死亡を確認。

事件を受けて翌日には渋谷で一斉補導が行われ、少年少女1,500人以上が補導された。

その後の捜査によって、借りていた埼玉県久喜市のアパートから1,000本以上のビデオテープと2,000名に及ぶ顧客リストが押収された。しかし、多くが偽名であることを理由に捜査は打ち切られた。そのため、芋づる式の一斉検挙といった動きはなく、当事件は解決を見せたが、その背後にあるとされたデートクラブ絡みの疑惑は真偽不明のまま終わっている。また赤坂という立地条件などから、政財官が絡む疑獄事件が出典不明のまま流布されているが2016年8月時点で裏付けは取れていない。

遺書もなく犯人が自殺したため犯行の動機はわかっていない。ただ、犯人の父親は1993年に難病の頭頸部ジストニアを発症して1996年に自殺、兄も1999年に自殺、2001年には母親が自殺未遂を図っているなど身内に不幸が相次ぎ、また、本人も持病のアトピー性皮膚炎で苦しみ知人に死にたいともらしていた。

  • 事件が起きたのは赤坂のウィークリーマンションでありながら当初マスコミは渋谷で起きた事件と一斉に報道した。