ベストアンサーに選ばれた回答

利用者が少なく、経営難で保線人員も足りないからです。

テレビではついうっかりしていたと出ていました。
しかし線路の異常を知っていたにも関わらず経費節約でこれくらいは大丈夫だと思って修繕を怠ったと思っています。

利用しない北海道民も問題ですよね。

このQ&Aで解決しましたか?

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

お金がないことと、労働組合の存在ですね。

JR北海道にはいわゆるドル箱路線というものが存在しません。
黒字路線はいくつかありますが、それは「かろうじて黒字」程度の話であって、儲けが多いわけではありません。
札幌圏の路線でトントンくらいですか。
だから、日頃からの保守・維持・管理費用をケチらなければ赤字額がひどくなります。
軌道変位のデータ改竄問題なんかは、そういうところに起因しているんでしょう。
とりあえず、グループ連結でみればJR北海道は黒字ですが、「鉄道業」はバカにならない額の大赤字です。

こんにちは.

社員の親方日の丸体質と予算や人員が足りず整備が疎かになっているのが原因です.

こんな状態で新幹線なんて浮かれている場合ではないです.

カテゴリマスター

それまで大赤字だった区間だけで採算が合うような経営をする必要に迫られたからでしょう。
国鉄分割民営化の無理が今になって表面化しました。

文句いうのは簡単だけど、あんな広大な大地で気候風土も厳しく路線を維持しながら、元々が採算取れない路線ばっか。

路線を維持するって条件で、JR北海道のインフラ、ただであげるから欲しい企業や経営者、挙手って言ったら、誰が手を挙げるんだろうね。元々、弱者のJR北も可哀想だわ。

追記、政治家マスコミは国鉄の悪口を散々言ってきたけど、政治は公共交通期間の責任放棄しただけ、マスコミは相変わらず文句しか言えない。中曽根だったか誰だったか、国鉄民営化の問題点認めてたし。

カテゴリマスター

JR北海道は、旧国鉄の体質を動態保存していました。

旧国鉄が、分割民営化しなければいけなかった理由として労働組合が文句ばかり言って、働かなかった事。

親方が日の丸なので幹部は、失敗しても首にならず、責任を取らないでよい事(尼崎事故、福島原発、北海道?共通しています)。

利用者が、ヤバイと思われても、競合会社が無い為、仕方なく利用し続ける。

利益を上げた収益を乗客や車両、保線の向上に投入せず、ややこしい奴等が、不動産等の投資に流用している事。等があげられます。

かつて国鉄は、新幹線でもうけたお金をその様にしていたので倒産してしまいました。それを分割して民営化したのですが。
隔離された北海道だけその体質を受け継いでいたのですね。

JR四国は、改変できたのですが。

いくら殺しても気にしない西日本でさえ、阪急、阪神、近鉄等、競合がひしめいているから、そこそこにとどめているのです。

尼崎事故までの殺し方でない分、有る意味西日本よりましかもしれません。

ただ、これからの新幹線時代に改変できるかは、疑問に思います。
場合によっては、これを機会に、新幹線分は、全てJR東日本に委託させたほうがいいかもしれません。

それほどJR北海道は、腐っていると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索: