人事のQ&A<解決済み>

相談数11707件  回答数24246

不祥事と解雇

今回、事件が発覚した苫小牧市に本社のある「ミートホープ社」が、全従業員を解雇する旨、報道されていますが、この場合の解雇について、以下の通り質問させてください。

1)解雇予告手当て支払い免除の対象になるのでしょうか?

2)従業員側が「不当解雇」として訴える場合、勝ち目はあるのでしょうか?

不祥事を理由にした解雇が乱発されないよう祈りつつ、投稿しております。

  • 投稿日:2007/06/25 18:01
  • ID:QA-0008894

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
この相談にはまだ回答がありません
問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
営業系正社員を解雇できる要件を教えていただけますでしょうか
今回1ヶ月の試用期間として採用していた方を、7月20日をもって解雇することに致しました。その時”解雇通知書”を出してくれと言われましたが必要でしょうか? 必要であればその内容を教えて下さい。
解雇の場合は1ヶ月前に告知、1ヶ月以内の解雇であれば 解雇予告金の支払が必要ですが、 退職勧奨で15日後に本人が納得の上で退職した場合、 解雇予告の支払は必要ないのでしょうか?
新たに相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、「懲戒制度に関する実態調査」を実施しました。本記事では、その中から「モデルケース別に見た懲戒措置」「最近1年間における懲戒処分の発生件数」「解雇における退職金の支給状況」について取り上げます。
  • 合理的理由のない解雇は権利を濫用したものであり無効である――「解雇」のルールなどを明文化した改正労働基準法の施行から2年。でも労使のトラブルはなかなか減りません。とくに個別労働紛争が急増し、頭を悩ます人事労務担当者も急増中と言います。紛争の予防とその迅速な解決のために、人事部は何をどうしなければいけ...

定番のQ&Aをチェック

当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...