『リーグ・オブ・レジェンド』の日本公式リーグである、LJL(League of Legends Japan League)。Riot Gamesは、その公式サイト上で、プロ選手およびRiot Games社員による競技ルール違反があったことを発表しています。

それによると、Rampageに所属するRoki選手が、2016年8月にブラジルで開催されたInternational Wildcard Qualifier 2016(IWCQ)での遠征中、チームメイトに対して、自身の新チーム設立のために勧誘を働きかけたとのこと。これは、以下のLJL公式ルールに該当する違反行為になります。

    10.2.13 引き抜きおよび買収の禁止
    チームメンバーおよびチームの関連者は、LJL チームと契約を交わしているチームメンバーに勧誘、誘致、雇用の申し出を行ってはならず、かかるチームメンバーに当該 LJLチームとの契約を違反または破棄するよう働きかけることも禁止されています。本規定の違反は、LJL単独の裁量により判断されます。

加えて、Roki選手から新チーム設立や移籍について相談を受けていたRiot Games社員が、不適切なサポートを行っていたことも報告。本来、Riot Games社員は、中立的な立場で適切な助言・行動をする必要があるものの、問題の社員は、誤った自己判断により、あたかもRoki選手の代理人のような行動を取っていたのだとか。

Riot Gamesは、Roki選手に対して「競技月間5ヶ月の出場停止」の罰則を適用。また、当該Riot Games社員については、「社内でのeSports業務への一切の関わりの禁止、および今後1年間は例えRiot Gamesを退職したとしても、eSportsチームへの選手として、運営スタッフとして、オーナーとしての関与を禁止」という処分を科すということです。

なお、本件に関してRampageからも公式サイト上で声明が発表。Roki選手は、2016年11月23日のチーム契約期間終了をもって、契約更新をせず脱退したとのこと。さらに、Roki選手による引き抜きの状況が時系列で一部明らかにされています。

    2016/8/31-9/3のいずれかの日においてRoki選手がチームを新たに設立する意向を示した時にRiot社員がマネージャー候補として当該Riot社員の知人を紹介する。

    2016/9/5 Roki選手がIWCQ遠征中に契約下にあるチーム内の選手に対し、新チームへの勧誘を行い、当該Riot社員がマネージャー候補として当該Riot社員の知人をその選手に紹介をする。

Rampageのチームサイドは、勧誘を受けた所属選手がその場で即断ったこと、引き抜き行為に加担したと見られるRiot Games社員に対して厳重に抗議を行ったことを伝えています。
《Rio Tani》

評価の高いコメント

  • 2016年12月29日 19:44:52 ID: QLeo/2YHg6c5
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    e-sportsって運営もプレイヤーもちょっと問題が多すぎるわ
    「これはスポーツだ‼︎」って地位向上を狙うならもっとしっかりすべき

    正直全く応援する気にもならないしスポーツマンシップに欠ける場面が目立つ
    発展途上なのを考慮しても意識が低い

  • 2016年12月29日 19:50:24 ID: TtH+pZJrR9zG
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    引き抜きおよび買収の禁止
    だれかこのルールが何のためにあるのか教えてくれませんか。

  • 2016年12月29日 19:40:28 ID: /jyfpf8zkeh8
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    社員に対しての処置は適切だと思うけど、独立しようとしてた選手への対応見るにLJLの規約がガラパゴスすぎると思うんだけど、LOLの競技シーンでは世界的にこんな規約がまかり通ってるの?
    少なくとも海外のCS:GO界隈ではこんなの日常茶飯事だぞ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?