走攻守、全てを高いレベルで兼ね備えるオリックス・バファローズの糸井 嘉男。
しかし高校は強豪私学ではなく京都府北部の普通の公立、宮津高校に在籍していた。軟式出身で中学時代は無名の選手。宮津高校進学後もケガとの戦いのため実質2年4ヶ月の高校野球の内2年間は満足なパフォーマンスを発揮出来なかった。それでも抜群の身体能力を誇る糸井のもとには12f球団のスカウトが訪れた。また、当時宮津で監督を務めていた西舞鶴の市田 匡史部長の話によればつかみどころのない天然ぶりを示すエピソード、ネットで話題になる“糸井伝説”も事実だった。

中学最後の試合をボイコット?糸井伝説の始まり

市田 匡史部長(西舞鶴高等学校)

 中学時代から凄かったか?いや入学前の評判は何にもなかったです。確かに実際に見て、糸井の能力からすれば、もっと評判があればもっと別の私学に行ったりする可能性は当然あったと思います。

 なぜ評判にならなかったかというと、中学校の時に、勝ち進めば府大会につながるという最後の試合に行ってないんです。その理由がまたすごくて、先生とケンカして帰っちゃって、糸井の家が中学校から球場にいく途中にあるんですが、そこで糸井がバスで球場に行くチームメイトを見て、窓から頑張って来いよ~って手振ってたらしいです。すごい逸話ですよね(笑)。
だから早く負けてしまい、当然試合も出ていないので噂も何にも無し。それで宮津高校に来たんです

 でも糸井は野球はすごい好きなんですよ、ホンマに野球好き。それはアイツの良いところ。ただ高校入学からケガに苦しみましたね。右か左か忘れましたけど膝をケガして、それは中学校の頃から痛かったらしいんです。入学してからもずっと痛いと言って、病院行ったんかと聞いたら「行ってません」。それで病院に行かせたら「膝の皿が真っ二つに割れてました」と。それで手術せなあかんとなって高校1年生はもうそれで終わりですわ。

 手術して、帰って来てリハビリ、歩く、ジョギング・・・ようやく走れるようになったのが2年生。だから1年間何にもしてない。ただ、走れるようになってからは自主的に朝走ったりしてましたね。だから基本的に練習好きなんですよ。そこもあいつの良いところですね。

 性格で言うたら何とも言えない、つかみどころのない子(笑)。勉強の方は大変しんどかった記憶があります。だけど最低限のことは当然やっていましたね。まだ当時のノートがあるんですけど、僕は保健体育を担当していて新聞記事を貼ったりコメントつけたりの課題を出したんですが、糸井が提出したものの中にはおそらくお母さんがやったんやろうなというものがありました。

 勉強は何とかやったけど、しんどいのはしんどい状況という感じやね。ただ補習や追試で練習休みますというようなことは無かったんで、もちろん配慮はしてもらってたんやけど、やらなければならないことはしっかりやっていた子だと思います