【PL学園 不祥事】不祥事の内容を紹介!救急搬送の暴力事件!

PL学園が数々起こしてきた不祥事とその内容にせまります。

内容を調べていく過程で、中には相当に酷いものもありました。

野球の名門PL学園で起きた壮絶な不祥事とその内容とは一体?



スポンサーリンク












PL学園不祥事の内容に驚愕





野球の名門PL学園で起きた不祥事の内容は驚きのものでした。とても高校球児がするとは思えないようなものもあり、調べていた私も目を疑いました。

最初にPL学園で問題になった不祥事は2001年に発覚したものです。

先輩が後輩をパイプ椅子で殴打。

重症を負わせています。

この内容には驚きます。

パイプ椅子のような凶器で殴打すれば、間違いなく重症です。

この事件の犯人は明らかになっています。

【PL学園 不祥事】桜井広大も関与!元プロが和解金100万を支払う!

この不祥事が発端となり、PL学園の歴史に陰りが出始めます。



スポンサーリンク











続く不祥事PL学園暗黒時代へ突入



2001年に明るみに出た訴訟問題。

その後もPL学園の不祥事は続発します。

また、2001年の不祥事により、それ以前の不祥事も明らかになっていきます。

以下に不祥事の内容と詳細を紹介します。

・1986年:イジメによる死亡事故

・1997年:部内暴力

・2011年:喫煙と暴力

・2013年:部内暴力

といった内容です。

このうち2013年の部内暴力事件では救急車も出動するという事態になっていて、かなり危険な暴力行為がありました。

内容としては、先輩が後輩へ暴力をはたらいたという事ですが、その際に先輩が膝から後輩の腹部へ落下するという相当に危険な内容でした。

この暴力を受けた後輩は、直後に痙攣を起こし、救急搬送されています。

不祥事に対して教団が動く



相次ぐPL学園野球部の不祥事に業を煮やしたPL教団(パーフェクト・リバティー教団)が、野球部の体質改善に動きます。

PL学園はその母体をパーフェクト・リバティー教団としており、教育方針や学校の運営方針も教団の意向が強く反映されます。

先輩と後輩の厳しい上下関係を改善、また野球部の寮も廃止して、一般生徒と同じ寮に住ませています。

さらにはOB達の学校への関わりを禁止し、かつての悪しき習慣を完全に断ち切ろうとしました。

こういった施策の他に、2015年にはついに野球部への新規部員の受け入れを停止し、野球部を休部する意向も示しました。

その結果PL学園野球部は2016年の夏の甲子園大阪大会の予選での敗退をもって、休部をなりました。

OB達もこの悪しき習慣を改善できなかった故の休部と言うことで、責任を感じている人もいるようです。

以上がPL学園の不祥事の内容とその後の動きでした。

関連記事

【PL学園 不祥事】 女子マネージャーにも暴行!その内容とは?

【PL学園 不祥事】桜井広大も関与!元プロが和解金100万を支払う!

【PL学園 不祥事】休部に追い込まれる程の不祥事!一体野球部に何が?





スポンサーリンク











この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440126738
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック