ついに到来!出来の悪い公務員はクビになる時代

事実かどうかはともかく、長いあいだ「いったんなってしまえば一生安泰、働かなくても給料がもらえる」などと揶揄されてきた公務員。
ですが、ここにきてその「一生安泰」が崩れ、クビになる公務員もあらわれてきました。いったいどんな理由で公務員の解雇がおこなわれているのでしょうか? 以下でその現状を見ていきたいと思います。

公務員のクビ1,懲戒免職

 

そもそも国家公務員というのは、憲法や法律によって強く身分保障がなされています
たとえば国家公務員は「法律又は人事院規則に定める事由による場合でなければ、その意に反して、降任され、休職され、又は免職されることはない」ものとされています(国家公務員法75条)。公務員がクビにならないという根拠はこの条文にあるんですね。

  • 国民の奉仕者にふさわしくないと判断されると公務員がクビになる!!

これは、公務員がその時々の政権により人事的な圧力を受けてしまうと、政策が偏ったり萎縮したりして、「全体の奉仕者」としての職務の公正が保たれなくなってしまうという考え方に由来しています。
しかしとはいえ、犯罪をおかした公務員にそのまま職務を続けさせるわけにはいきませんので、国家公務員法82条によって「国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあった場合」には、懲戒免職処分を科して当該公務員をクビにすることができると定められています。

公務員のクビ2,分限免職

 

このような懲戒処分によるクビは、いままでも不祥事をおこした公務員に適用されてきましたが、このほかに「分限処分」による免職も少なからずあります。

  • 無断欠勤・心身故障の場合には公務員でもクビになる

分限処分の「分限」というのは「身分保障の限界」という意味で、たとえ不祥事をおこしていなくても、無断欠勤を繰り返したり、心身を故障したりした公務員に対し、国家公務員法78条を根拠として科される処分です。
その最も厳しい処分が「分限免職」となりますが、この場合は懲戒免職とは異なり、当該公務員にはきちんと退職金が支給されることとなります。
人事院や総務省の統計によると、2013年度は国家公務員で13人、地方公務員で88人がこの分限免職で職場をクビになっています。

【公務員志望向け】国家から地方まで徹底研究!公務員対策ガイド

毎年民間企業との併願も考える人が多いほど人気の公務員。しかし、民間と比べて志望者の約6割が「情報が少ない」と感じており、有効な情報を得るのに苦労しているようです。そこで、国家から地方まで徹底研究できる公務員対策ガイドを作成しました!これを読めば「採用区分」や「詳しい仕事内容」について理解でき、魅力的な志望動機が作成できるでしょう。