この口コミは、K-BIGSTONEさんの主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。 また、この口コミは、訪問した当時のものです。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。 詳しくはこちら

1

  • 昼の点数:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
  • 使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999
1回目

2007/03訪問

  • lunch:3.5

    • [ 料理・味3.5
    • | サービス3.5
    • | 雰囲気3.0
    • | CP-
    • | 酒・ドリンク-
    使った金額(1人)
    ¥4,000~¥4,999

リストランテ・ヒロ・チェントロ 丸ビル店

丸ビル高層階の高級レストラン群の中でも1、2を争う人気店。
いつも満席で、店の入り口に行列ができる事もしばしばあります。
昨年、オーナーシェフが不祥事を起こしましたが、その当日も
行列ができていました。経営には打撃を与えていないようですね。

さて、高級店舗街の中でエントランス周りはそれなりの高級感は
ありますが、店内は流行のオープンキッチン(もう古いか?)が
仇となり雑然とした印象。少々、カジュアルに流れ過ぎでは、と
思いました。料理の値付けからして、相対的にランク下の店舗
デザインであり質感ですね。同じクラスの「リストランテASO」
のチェーン店の方が、ぐっと高級感とセンスの良さを感じます。
ひょっとすると丸ビルのテナント料が高額なので店舗改装費を
削ったのでは、と思ってしまうほどでした。

今までにランチで2度、訪問しました。
今回は4皿+コーヒーのPranzo C(4,043円税サービス込み)
をいただきました。以下はメニューです。
Antipasto
「低温ローストした仔牛のカルパッチョ たっぷりの
季節野菜を添えて」
SecondoAntipasto
「フォアグラのローストと五穀米のドライカレー」
PrimoPiatto
「和牛ホホ肉と牛蒡、ちぢみ法蓮草のトマトソース
スパゲッティーニ」
Dolce
「杏仁のパンナコッタとマチュドニア」
Antipastoは特に印象には残りませんでした。季節野菜も
仔牛のカルパッチョも並のレベル。淡白な味でした。
一転して「フォアグラのローストと五穀米のドライカレー」は
濃厚な味。でも五穀米のカレー味が少々強すぎるでしょうか。
スパゲッティーニは法蓮草が土臭かったのが気になりました。
法蓮草の旨味を保つため水に長く漬けないようにしているので
土臭さが残ってしまうのだそうです。全体的にはマイルドな
味付けなので土の匂いが目立ってしまうのでしょうね。
前回いただいたパスタは「手長海老のバヴェッテ」でした。
大きな手長海老がスパゲッティの上に豪快に乗っていました。
味もこちらの方が押し出しがあって良かったと思います。

しかし、最後のDolceは予想を覆して良かったです。
薄いピンクのマカロンの下にはパンナコッタが隠れていますが
杏仁のパンナコッタとマチュドニアの絶妙な甘いハーモニーは見事。
微妙な評価のランチを救ったと思います。

2007/03/02 更新