相馬農業高飯舘校の元教諭わいせつ:被告に懲役6月求刑--地裁 /福島
2009年5月28日16時1分配信 毎日新聞

 担任の生徒に自慰行為を見せたとして、県青少年健全育成条例違反の罪に問われた元相馬農業高飯舘校教諭、紺野広史被告(30)=南相馬市原町区=の初公判が27日、福島地裁(岡野典章裁判官)であった。紺野被告は起訴内容を認め、検察側は懲役6月を求刑して結審した。
 起訴状などによると、紺野被告は今年1月5~28日に計4回、自分の乗用車や校内で、男子生徒2人に、18歳未満と知りながらわいせつな行為を見せたとされる。
 検察側は論告で「担任と生徒という特殊な関係で、性欲を満足せるため地位を振りかざした」と主張。紺野被告の代理人は、被害者に謝罪文を書くなどし「行為を後悔している」と執行猶予付きの判決を求めた。【神保圭作】

5月28日朝刊

コメント一覧

    • 1.柳川洋志
    • 2017年01月13日 18:48
    • ・平成11年度(2000年3月31日卒業) (写真)
       小河 秀行「蒸気爆発現象のトリガー条件の解明」三機工業㈱
       小野 雅司「旋回流を用いた微小気泡流中からの気泡除去技術の開発」㈱日産自動車
       北村 健二「超音波による気泡制御技術の開発」㈱アドバンテスト
       土田 伸哉「超音波による液滴制御に関する研究」日立化成㈱
       仲村 幸紘「マイクロチャンネルデバイスを用いた有害排出ガス処理システムの開発」旭硝子㈱
       野頭 志保「マイクロチャンネルデバイス内の流動特性実験」富士工業㈱
       
      ・平成12年度(2001年3月31日卒業) (写真)
       江ノ口 晃「超音波を用いた熔融液滴制御に関する研究」日産自動車㈱
       紺野 広史「マイクロチャンネルデバイスの加熱特性に関する研究」双葉高校
       中村 香幸「CO2ハイドレート膜の再生成速度」㈱アイネス
       
      ・平成13年度(2002年3月31日卒業) (写真)
       青木 一義「超音波を用いた流体制御に関する研究」㈱東芝
       尾山 ちさと「CO2ハイドレート膜の再生成挙動に関する研究」石川島播磨重工業㈱
       木津 哲也「高温溶融金属と冷却材の相互作用に関する研究」三菱重工業㈱
       後藤 瑞希「多流体モデルによる減圧沸騰のシミュレーション解析」全日本空輸㈱
       嶋田 鮎美「マイクロチャンネルデバイス内の流動特性に関する研究」California State University, Fullertone
       (http://www.kz.tsukuba.ac.jp/~abe/graduate.htmlより)



      他の者は一流企業とおぼしきとこに就職してるのに、この紺野だけはしがない高校教員に。
      生徒をターゲットにするためだったのは明らか。

コメントする

名前
URL