お詫びの言葉って何ですか?

お詫びの言葉って何ですか?

ニュースなどで政治家や不祥事を起こした会社の社長などがお詫びする場面を
よく見るのですが、ほとんどの場合、「お詫び申し上げます」と言ってそれきりなの
ですが、この「お詫び申し上げます」自体、お詫びの言葉なのでしょうか?

私が思うに、「お詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。」までで、初めて
お詫びの言葉になると思うのですがどうなんでしょうか。
「お詫び申し上げます」→これからお詫びの言葉を言います
ではなく、
「お詫び申し上げます」=申し訳ありませんでした
なのでしょうか?

昨年くらいからこうした場面がとても多くからずっと気になってるのですが、、、

ベストアンサーに選ばれた回答

私も、あなたと全く同じ疑問を以前から持っていました。
暗黙の了解として、「お詫び申し上げます」と言ったら、
自分の非を認めたことになってるみたいです。
本来は、そのあとの、誠意ある「お詫びの言葉」が大切と
思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順

    ごもっともです。

    子供じみた印象を受ける方もいるかなと思うけど、小生、真摯に許しを請う時は「御免」を使います。
    筆記、口頭ともに「御免なさい」と言って許しを請います。
    これには、(怒りや不信感などを)免れますようにという気持ちも含んでいます。

    「お詫び申し上げます」は、大人らしく、立派な言い回しに聞こえますが、なかみが空っぽという印象です。
    かなり形骸化した謝罪時の文句で、本当に反省しているのかという感は拭えません。

    お詫びとは謝罪を意味するものですよね・・・・
    であれば・・
    先ず何故そうなったか経緯を説明し責任の所在を明らかにして今後の対策を説明し
    お詫びをするのが本筋であり大企業であれ中小企業であれその責任者の言葉は
    全くお詫びの言葉になっていません。
    まあ・・大勢のマスコミに取り囲まれた会見なのでボロを出したくない・・揚げ足をとられ
    たくない自己防衛でしょうね。

    同感です。

    日本語って曖昧なんですかね・・・。
    「お詫び申し上げます」なら,「今から謝ります」ってな意味に聞こえるんですが。

    みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

    Q&Aをキーワードで検索: