腹BLACK 2014年8月31日
 

8/31、Wikipediaに載っていた警察の不祥事の記述が、ある1つのIPアドレスによって何度も消されていることが判明した。

犯人は221.114.249.226

消されていたのは警視庁公安部と城東警察署の不祥事の箇所。消した後に誰かに文章を復活させられてもしつこく削除しており、熱い編集合戦が繰り広げられていた。

警視庁公安部の不祥事を完全削除

(1)左が編集前で、右が編集後だ。4/17に載せられていた不祥事の詳細を5/7に抹消している。

ここまでしつこく削除しようとするのだからよほど都合が悪いのだろう。

城東警察署 (東京都)の不祥事も完全削除

(2)2011/10/13に再び削除。

(3)2012/2/11に削除

(4)4/4にも削除。相当な執念だ。

なんだか日本の闇を見てしまった気がする。幸いにもWikipediaには履歴が見られる機能がついていたからよかったものの、これまでの数々の不祥事はこうして記録から消され、いつの間にか人々の記憶からも消えてなかったことになってきたのだ。

テレビ朝日の関連会社だった

さてこのIPアドレス「221.114.249.226」とは一体何者なのか。調べてみたところ、テレビ朝日映像株式会社、通称ViViA(ヴィヴィア)という会社であることが判明した。

そういえば編集履歴にテレ朝関連の記事がたくさんあったのはこれで納得。しかし、なぜテレ朝の関連会社が警視庁の不祥事をなかったことにしようとしているのか。もしかすると映像制作以外にそのような仕事も受注しており、ホットリンク社のように暗躍しているのかもしれない。マスコミにとって警察は貴重な情報源なので、このようなサービスをすることで特ダネを流してもらいやすくするとか…。

可能性を考えていくと尽きないが、情報が操作されていることだけは確かだ。しかし、今や小学生でもタブレット端末、Twitterを使いこなすほどネット文化が発達しているのだから、このようなもみ消しが通用するわけがない。不正なことをするとその情報はすぐに拡散してしまうからむしろ逆効果なのではないか。

▼この記事が面白かったらいいね!

▼この記事をシェアする









▼netgeekをフォローして最新情報を受け取る

Comments (3)

  1. まぁウィキペディア上で完全な削除ができるのは管理者権限のあるユーザーだけなので、いくら記述を消してもすぐに誰でも復帰させることができます。編集合戦になればページは保護、つまり管理者権限のあるユーザー以外は編集不可となり、かえって当初目的から逸脱する可能性すらあるのです。