2003年12月10日

 武富士って酷いですね。あんな上司から毎日キツイ檄や暴力団との癒着、そして会長。入社したいとは思いません。しかし、企業が何か問題を起こさないとその企業の本当の姿が見えないというのも問題です。
 今年就職活動をした私は企業の採用は今年も厳しかったと感じました。6月に内定はもらいましたが、もう一度就活してみろと言われても、正直やりたくありません。それだけキツかった…(私は面接で緊張してしまい上手くいかなかったせいもありますが)。ちなみに職種はSEです。

 ある就活情報サイトの掲示板で武富士スレを見ると、内定辞退する人が続出してます。これでは内定者が可哀相です。ちゃんと業界・企業研究しないからだ、と言われたらそれまでですが(しかも消費者金融や先物取引は敬遠されがち)、毎日ニュースで自分が来年4月から働く会社の闇の部分や批判を放送されたら鬱になりますよ。また、そのスレでは就職浪人や留年を勧める人もいますが、その間の生活費や学費だけでなく、次就活するときに既卒・留年のレッテルがつき、就活にも影響します。それに今からもう一度頑張れるかどうか…。

 現時点でですが、今年の大学新卒の企業内定者は6割程度と聞いています(大学に卒業後の進路届を出していない人がいるので正確な数字ではないでしょう。私も11月下旬に提出したのでカウントされてないと思います(^_^;))。企業は現在の就活の厳しさを知っているはずです。軽率な行動は控えてもらいたいものです。でなければ、未来に希望を持てず、やりたい事もなく、ずっとフリーターでいる若者が増えるでしょう。これは好ましいことではありません(自分の将来を考える期間として一時的にフリーターでいるのはスタイルとしてアリだと思いますが、いつまで経っても…というのは)。
日本の未来にとっても。


― 新しい時代を創るのは、老人ではない! ―
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2477

この記事へのトラックバック

希望退職者734人に
Excerpt: 希望退職者734人に プロミス、特損187億円  消費者金融大手のプロミスは13日、合理化のため2003年12月から募集していた希望退職者が、目標の500人を大きく上回る734人に達したと発表した。 ..
Weblog: 夏炉冬扇
Tracked: 2004-02-14 11:36