2017年7月19日(水)15時35分

「相談すれば上司に叱られる」パチンコ店などの許認可処理怠る 巡査長処分 滋賀県警

 飲食店とパチンコ店が提出した許認可関連の届け出11件の処理を怠ったとして、滋賀県警の30代の男性巡査長が所属長注意の処分を受けていたことが19日、県警への取材で分かった。6月28日付。巡査長は「手続きの知識がなく、上司に相談すれば叱られると思い放置した」と話しているという。

 県警によると、巡査長は昨年4月~今年3月、署の生活安全課に勤務している際、飲食店が深夜に酒類提供できる届け出書類と、パチンコ店の管理者変更の届け出書類計11件を放置していた。

 県警は「いずれも店の営業には影響はなかった」と説明している。


2017年7月18日(火)22時26分

「自分たちで食べるため」サザエ59個密漁の空曹2人停職 航空自衛隊小松基地

 航空自衛隊小松基地(石川県小松市)は18日、昨年8月にサザエ計59個を密漁したとして、第6航空団飛行群に所属する40代の男性2等空曹と30代の男性3等空曹をそれぞれ停職6日の懲戒処分にした。2人は「自分たちで食べるためだった」と話しているという。

 小松基地によると、2人は昨年8月6日、同県加賀市の海岸でサザエを許可なく採取。金沢海上保安部が、漁業法違反の疑いで書類送検した。今年1月、小松簡裁から罰金10万円の略式命令をそれぞれ受け、納付した。

 基地司令の亀岡弘空将補は「再発防止のため隊員指導に努める」とのコメントを出した。


2017年7月19日(水)15時39分 関西テレビ

堺市職員 少女乱暴の疑いで逮捕

堺市役所の職員の男が10代の女性に性的暴行を加え、けがをさせた疑いで逮捕されました。

 強姦致傷の疑いで逮捕されたのは、堺市役所・建設局の副主査、川北健次容疑者(44)です。

 川北容疑者は、去年9月、堺市南区で大阪府内に住む10代後半の女性に性的暴行を加え、けがをさせた疑いがもたれています。

 川北容疑者は「事実については知らない」と容疑を否認しています。

 堺市は「事実関係を確認し厳正に対処したい」とコメントしています。

最新トラックバック
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
QRコード
アクセスカウンター