総会が終わりやれやれとくつろいでいるJA阿蘇の上層部の人達もいるかと思うが、異常な多さの委任状と少ない出席者での総会でいいのかな?本来のあるべき姿から大きく逸脱してはいないか。表面上はこれで事が済んだのかも知れないが事態は全く違う方向へと進みつつあることを知っておくべきである。過去10年間で57件もの不祥事がありながらすんなりと終われる総会とはいったいどのような物なのか甚だ疑問が湧いて来ずに居られない。その不祥事に伴って自らの命を絶った将来を嘱望されていた筈の若い職員たち、JA阿蘇の内部で一体なにが起こっていたのだろうか、この様な希にしか見ない様な忌まわしい事件の本質とは一体何処にあるのか不鮮明なまま時が過ぎようとしている。私見で申し訳ないが、知られたくない真実の多くの事柄を自らの命を絶った職員に全て背負わせて、事無きかのような方法で済ませようとしているのではないかと勘繰らずにいられない。何故ならば長きに渡って異常な多さの不祥事続きだと言うのに一向に解決の糸口は示されていないし改善されて来た様子もうかがえないのは一体どういう事なのだろうか。仮に闇に葬ったつもりでいるのならとんでもない勘違いであるし許されるものではない、またそんなに簡単に問屋が卸すまいと思う。これには我々一般では知り得ない多くの事実が暗闇の中を蠢き回り異常な飽和状態にあるのではないかと想像する、其れは一端が暴かれる事となればどっとあふれ出るに違いない。事無きを成すが為ならば人を陥れ罪を背負わせて葬り去る、正に現代に於いてはテレビドラマの中だけとは言い切れない様相を垣間見る。そこには大きな組織にありがちな傲慢な権力行使という過ちが見え隠れしてならない、遠からず其れは世間の眼前へと引き出され杜撰な内部事情と共に隠し続けて来た本質を晒す事になろう。JA阿蘇の将来を見据えた時に必ず乗り越えなければならない重要な問題が目の前にある事を関係者はしかと自覚せねばならないし一日も早くその問題を解決し事の解明にあたって欲しいと願わずにいられない。
追伸
先日入手したJA阿蘇に関する資料はそう遠くないうちに報告したいと思っているので悪しからず。

この記事に