高校野球の名門校、大阪・PL学園硬式野球部で、上級生の下級生に対する暴力行為が発覚した。これにより春季大会大阪府予選への出場を取りやめるという。

   大阪・桜宮高校バスケットボール部で起きた顧問教師による体罰と生徒の自殺で、体罰問題がクローズアップされるなか、PL学園卒業生の元プロ野球選手、清原和博氏がメディアで「大胆発言」をした。在学時に上級生から頻繁にしごかれたが、チームが強かったのは「しごきがあったから」というのだ。

「オレが指導者になっても体罰はしない」

   清原氏は2013年3月3日放送のスポーツ情報番組「S1」(TBS系)に出演。司会を務めるお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんが、PL学園で上級生が下級生に暴力をふるった一件についてコメントを求めた。すると口から出たのは、予期せぬひと言だった。

「PL学園といえば伝統ですから、暴力は」

   冗談とも本気ともつかぬ言葉に、隣で聞いていた野球解説者の野村克也氏が噴き出した。続けて清原氏は、「僕が1年生で甲子園に出ていたころから、体中アザだらけでした」と明かしたのだ。

   これには田中さんも意外だったのか、「でも体罰はダメですよね」と問いかけると、自身が高校時代に母校が強かったのはしごきがあったおかげという趣旨を述べた。

   清原氏は、指導者が生徒に一方的に暴力をふるうのを容認したわけではない。半面、上級生らによる理不尽とも思えるしごきを受けて、自分は精神的に鍛えられたと言いたかったようだ。このことは「フライデー」2月1日号のインタビューで、「暴力は絶対に容認できない」「オレが指導者になっても体罰はしない」と強調しつつ、厳しい体罰やしごきを乗り越えてきたから今の自分がある、と話していることからも読み取れる。

   PL野球部で清原氏と共にプレーし、甲子園をわかせた野球評論家の桑田真澄氏は、1月12日付の朝日新聞のインタビューで、在学中に「体罰を受けなかった」おかげで一番成長したと明かしていた。この点を聞かれた清原氏は、「桑田はやられていない。要領がよかったんでしょうかね」と「裏話」を披露してみせた。

   甲子園で大旋風を巻き起こし、プロ野球で一時代を築いた「KKコンビ」が、「体罰完全否定」と「ある程度のしごきはやむなし」と意見が割れたのは興味深い。