芸能界を干されたお笑い芸人の相方は今

2017年2月8日 17時05分 (2017年2月9日 17時00分 更新)

 昨年末に当て逃げ事故を起こしたNON STYLE・井上裕介が、芸能活動を自粛中。相方の石田明がソロ活動をしているが、解散はないという。しかし、2人が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーでは過去に、相方の不祥事がコンビ解散につながった例がある。ベイビーギャングがそうだ。

 “よしもと男前ランキング”で上位の常連だった北見寛明は、EXILE風イケメン。今田耕司ほか多くの先輩芸人と交流があった。だが、昨年、「重要なコンプライアンス違反があった」ことを理由に、契約解除を言い渡されている。のちに、無免許運転で逮捕されていたことが判明。しかも、同じ罪名で執行猶予中の身だった。しかし、本人はいずれも事務所に申告しておらず、解雇。収録済みだったテレビ番組は、北見の出演部分がカットされた。

 相方・りんたろーも巻き添えを食らい、およそ4か月活動を休止。のちに「りんたろー。」に改名し、20㎏のダイエットに成功。現在は、ピン芸人として再起している。

 14年にコンビを解散したのは、りあるキッズ。“ダウンタウン2世”を発掘するテレビ番組がきっかけでコンビを組んだ長田融季安田善紀は、当時まだ小学生。天才少年漫才師として、地元・関西で知らぬ者はいない存在になった。03年には『M-1グランプリ』の決勝戦に進出。実力派漫才師へ成長した。

 しかし、小学生で大人の世界に入ってしまったことで、長田は堕落した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品