「んあっ!」リベンジポルノでイメージ崩壊のプロレスラー・タイチに、さらなる暴露も!?

2014年6月4日 11時00分(2014年6月12日 11時00分 更新)

 引退したくなるのも当然か。新日本プロレスの所属選手・タイチ(本名・牧太一郎)が不倫相手とのトラブルから、交際時の写真やLINEのやりとりまで、生々しい一部始終を公にされてしまった。タイチを知るプロレスラーによると「本人は、引退するしかないと言っていた。まだ公にされていない、さらに過激なやりとりや写真があるようで、そういうものが表に出ると外も歩けなくなる、という感じだった」という。

 タイチは2002年、全日本プロレスで石狩太一のリングネームでデビュー。05年、付き人を務めていた川田利明とともに退団。その後、フリーとして活動を続け、09年に改名して新日本所属となった。妻は元女子プロレスラーのお船で、2児の父親でもある。

 前出レスラーによると「不倫相手はプロレスファンの若い女性で、昨年の地方興行では一緒に行動していたこともあった」という。

 この女性が破局を機にネットに晒したのは、プリクラで撮ったらしき多数のキス写真で、中には2年前の日付が入っているものもあった。さらに、交際時から破局までのLINEのやりとりも暴露され、「えっちしたい」「ちゅうしたい」「ちゃんとウンチも出しきって来てね」「●●●(女性の名前)のフェラ世界で一番きもちいいんだもん」「ううっ出る!んあっ!」など、タイチのプロレスラーとしてのイメージを崩壊させるようなものばかり。

 ただ、5月26日付の破局時になると「風俗女がよ よくも偉そうにしてくれたな」「自分は金のためによ きたねぇ男相手にしてよ、しゃぶって、舐められて、心身ともにきたねぇなお前は」とタイチの態度は一変。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品