JR東海の新幹線運転士が乗車券・特急券を偽造し新幹線に不正乗車

2014年9月29日 14時45分 (2014年9月30日 14時30分 更新)

 JR東海は9月25日、東海道新幹線の乗車券と特急券を偽造して使用したとして、名古屋運輸所に勤務する新幹線の男性運転士(31)を懲戒解雇したと発表した。

 同社によると、運転士は8月14日午後、140円の入場券を使って、名古屋駅に入場。東海道新幹線に乗って、品川駅で下車した。その際、有人改札で、「乗車券を持ち帰りたい」と申し出たが、正規の印字と異なっていることに駅員が気付いた。

 事情を聴いたところ、不正な乗車券類の使用を認めた上で、あくまでも「他者から譲り受けた」と主張したため、警察に通報。運転士は同15日朝、詐欺未遂に疑いで、警視庁高輪署に逮捕され、9月4日に起訴された。

 偽造されたのは、名古屋~東京間の乗車券、自由席特急券(計1万360円相当)。社内調査に対し、運転士は5年前まで品川駅に勤務していた際、乗車券類の原紙を不正に持ち出し、自宅のプリンターで偽造したことを認めた。「初めてやった」と話しているという。事件当日は夜勤明けで、私用で乗車した。同社で、社員による乗車券偽造は初めてのこと。

 運転士は07年4月入社で、品川駅員や新幹線車掌を経て、11年10月から新幹線運転士を務めていた。

 同社では、社員に管内の乗車運賃無料となる「職務乗車証」が支給され、回数制限はあるが特急料金が割引になる制度があるという。それを利用すれば、かなり安く新幹線を利用できるのだが、それでも偽造をしてまで、金を払いたくなかったのか…。

 同社は「社員が鉄道業従事者として、ふさわしい規範意識を持つよう、社員教育を再度徹底するとともに、今回の事象を踏まえて、乗車券類用の原紙の管理方法を見直してまいります」とコメントしている。
(蔵元英二)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品