警察官が不祥事を起こした場合、依願退職→再就職先斡旋というのをよく聞きますが、...

警察官が不祥事を起こした場合、依願退職→再就職先斡旋というのをよく聞きますが、依願退職せずに警察官として勤務し続けることは実際のところ出来るのでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

実際に勤務を継続するのは厳しいでしょう。 『依願退職』とはなってますが、それは今までの功労を考えての警察側の温情措置と考えるべきでしょう。本来なら『懲戒免職』の処分です。
軽い不祥事の場合は『訓戒』や一定期間の『減俸』の処分で、業務は継続だと思いますが・・・。

質問した人からのコメント

2010/9/12 04:51:23

ありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順

    法律上の不祥事は表にでてくるが、冤罪や権力の乱用、左翼カルト議員との密約や生活上においての女性問題!!こういった問題は公務員であるから、その罪はとてつもなく重いのである。責任者自身が国民の血税で女の尻を追いまわし警察の威厳は地に堕ちている!!指示する!!警察責任者であれば、不祥事を重ねている事実により国民を絶望させた罪として、悔い改めの断食を40日しなさい!!水だけは飲むことを許可する!感謝してやりなさい。それが国民への懺悔だよ。

    公務員は身分保障が分厚いですから、しようと思えばできますが、警察の場合は懲戒処分が他の官公庁と比較して重いほうですから、懲戒免職に値するような不祥事でも、依願免職が可能と知ったら、そちらを選択すると思いますよ。

    どの程度の不祥事かです
    通勤途中に自爆で物損事故を起こした。 大した不祥事ではないので そのまま仕事を続けることができると思います
    これが ぶつけて逃げたとか 事故を隠したりすると 免職になったりするので依願を勧められたりします
    懲戒免職以外であれば再就職先の斡旋(紹介)はありますよ

    依願退職は

    『首を切られるか、自分で去るか…好きな方を選べ』
    『辞めさせて頂きます』

    これがほとんどです。

    みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

    Q&Aをキーワードで検索: