【不祥事議員の今】路チューの中川氏入院、小渕氏は姿くらます


 政府は、自民党の門博文衆院議員(49)との不倫路上キスを報道され、「抑うつ状態」で入院していた中川郁子農林水産政務官(56)を続投させる方針を固めた。複数の政権幹部が9日明らかにした。中川氏は10日の衆院農水委員会と予算委分科会に出席し、公務に復帰する方向で調整している。登院すれば、報道を受け5日に東京都内の病院に入院して以降、初めて公の場に姿を見せることになる。野党が説明を求めるのは避けられない。

 キスを報じた週刊新潮の取材に「宇宙の摂理」と意味不明の言い訳をしていただけに、国会答弁には不安が残る。「女性の活用ということで政務官を任されていただけなので、ほかの女性に代えればいい」(与党関係者)と、やはり交代論は消えない。

 中川氏が不在だった8日の自民党大会にはほかにも欠席議員がいた。小渕優子氏(41)と西川公也氏(72)の2人だ。永田町関係者は「姿を見なかった」と話した。小渕氏といえば昨年9月に経産相に就任したと思いきや、政治資金のスキャンダルが発覚し辞任。捜査が進むなか、昨年12月の衆院選で当選していた。

「小渕氏は派閥の会合にも顔を出していないそうだ。国会では外務委員会に所属しているから、そこに出てくるかが注目されている。せっかく当選しても議員活動しないのでは、批判が収まることはないだろう」(前出の永田町関係者)

 一方の西川氏は辞任後、有権者への説明がないことで地元メディアからも批判されていた。政府関係者は「一部で孫に嫌われるから辞任したなんて出てましたよね。若くないし、先はないでしょう」と指摘した。

 西川氏には同情論もある。「予算委員会で安倍首相と民主党の岡田(克也)代表が『自分たちは恵まれている』みたいな話をしていました。西川氏は叩き上げで、彼らと渡り合うにはカネを集める必要があったはず」(前出政府関係者)

 疑われるようなことはするものではない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】






新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定