不祥事続きJリーグさらなる窮地 ナンバー3「セクハラ&パワハラ辞任」の深刻

2017年6月29日 11時00分 (2017年6月29日 16時11分 更新)

 Jリーグは27日、中西大介常務理事(51)がパワーハラスメント及びセクシュアルハラスメントを行ったため辞任したと発表した。

 中西常務理事は、2016年にJリーグの女性職員に対して業務時間中に高頻度で業務に関係ない電話をかけ、好意を抱いていることをうかがえる内容のメールも送信。さらに映画、美術館、コンサート、食事にも誘い、実際に行っていた。また、15年から16年にかけて一般的にセクハラと受け取れる言動があった。

 約2週間前にJリーグ内のハラスメントに関するホットラインに職員から通報があり、一連の行為が発覚。被害を受けた職員は複数に上り、弁護士による双方への聴取もすでに行われている。

 Jリーグで“ナンバー3”にあたる常務理事の不祥事に、村井満チェアマン(57)は「ファン、サポーターの皆様、クラブ関係者、メディアや、数多くの関係者の方々に大変不快な思いをさせ、大変申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げて謝罪した。村井チェアマンは「私の管理責任も問われる」として役員報酬を3か月間10%カットすることも決まった。

 今季のJリーグでは前代未聞の騒動が相次いで起きている。4月16日にJ1G大阪のサポーターがC大阪戦でナチス親衛隊(SS)を連想させる旗を掲出したほか、同29日にはJ2徳島のDF馬渡和彰(26)が千葉戦でボールボーイを小突き、試合後に徳島サポーターが別のボールボーイに液体をかける事件が発生。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品