イ・ビョンホンを脅迫したGLAM ダヒは誰?ドラマ「モンスター」で演技にも挑戦

俳優イ・ビョンホンを脅迫して金を要求しようとしていた20代の女性のうち、一人がガールズグループGLAMのメンバーダヒであることが明らかになった。ダヒが別名「イ・ビョンホン事件」に巻き込まれ、GLAMの活動を再開するかどうかも不透明な状況である。

2日、ダヒの所属事務所であるBig Hitエンターテインメントはマイデイリーに「ダヒ本人と連絡が取れていない。ひとまず警察の調査中のため結果を待っており、マネージャーがダヒに会うため警察署で待機中」と述べた。

ダヒは2012年、GLAMのデビューアルバム「Party(XXO)」でデビューし、芸能活動をスタートさせた。続いて「I Like That」「鏡の前で」など、新曲も着実にリリースした。特に、昨年8月に終了したMnetのミュージックドラマ「モンスター~私だけのラブスター~」では、キム・ナナ役に扮して演技にも挑戦した。

現在ダヒは宿舎生活をしていない。予定されたスケジュールもなく、GLAMのニューアルバムの作業についても具体的に進展した内容がない。ダヒが好ましくない事件に巻き込まれたため、GLAMの活動に歯止めがかかるものと見られる。

ソウル江南(カンナム)警察署によると、ダヒとAさん(25)は現在、恐喝未遂容疑で立件され調査中だ。二人は先月、イ・ビョンホンと共に酒を飲みながらわいせつな話をした場面をスマートフォンで撮影し、50億ウォンを支払わないとインターネットに流すと脅迫した疑いを持たれている。

イ・ビョンホンを脅迫した二人の女性は自らの罪を認めており、警察は事実確認後、拘束令状を請求する方針である。

一方、イ・ビョンホンの所属事務所側は「芸能人がとんでもない要求や脅迫に悩まされているのはよくあることだが、そのようなレベルの話ではないと思い、すぐに事務所にその事実を知らせ申告措置をした」とし「警察の調査の結果、特別な資料はなかった。本件は、相手が有名芸能人であるとして多くの大衆が普段の姿について気がかりに思っていることを悪用しようとした、悪質な犯罪だと考えている」と公式立場を明らかにした。

記者 : チョン・ウォン