NEW

 21日発売の「フラッシュ」(光文社)が、ジャニーズJr.の京本大我がマッサージ店で女性を暴行したという疑惑を報じた。ネット上では大きな話題となり、事務所もマッサージ店を利用した点は認めているが、この報道に関しテレビを中心とした大手メディアは完全にスルーの状況である。

 こうした報道の状況を見るに、ジャニーズ事務所がいまだテレビ界などに圧倒的な影響力を有しているのがわかる。最近ではアイドル活動や役者だけでなく、キャスターなどにも進出しテレビのあらゆる局面に根を張っている点からすれば、それは当然かもしれない。

 しかし、社会的にも影響力を保っているかといえば、そんなこともないようで......。

「今、老若男女限らず、多くの情報はインターネットで受け取る時代。テレビ界だけを支配しても情報は次から次にオープンにされ、世間に届いてしまいます。何もジャニーズに限ったことではありませんが、こうした"工作"がいかに意味のないものであるのか、一番理解しているのは世の中ですよ」(記者)

 18日放送の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でも、「次世代のイケメンだらけの大運動会」と題する企画で、司会者・出演者の持つ小道具や番組セットの一部がモザイク加工されたことで疑問が噴出。17日放送の『めざましテレビ』ではこの企画の番宣が行われていたが、そこにはモザイクがなく「ジャニーズ以外だらけの大運動会」と記されていた。

「何もそこまで」と思うのが自然だが、これがジャニーズサイドの指示なのかは謎。ただ、仮にそうだった場合、公の放送と事務所の権力を履き違えていると思わざるを得ないだろう。

ジャニーズ事務所「テレビ支配」だけではもう限界!? 度重なる不祥事潰し疑惑も、ネット上では拡散止められず......のページです。ギャンブルジャーナルは、エンタメ、ジャニーズテレビネットの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!