引退理由はスタッフのモラハラ?アイドル業界で前代未聞の不祥事

 大阪発の”ラウド系アイドル”として一部で人気があった「PassCode」の元メンバーで、タレントとして活動していた黒原優梨(22)が、芸能界を引退すると所属事務所の公式サイトが発表した。事務所によると担当マネージャーが黒原に対し執拗な”モラルハラスメントを”行っていたことが発覚したことが主な理由と伝えている。

 同時に黒原自身も自身のTwitterで、事務所の退所と引退を報告。体調面には問題ないと触れつつ自身のツイートでもあわせて、モラルハラスメントや裏切り行為を受けていたことを綴り、活動を継続することができなくなったとコメントした。

 黒原にはアコースティックライブや舞台などの出演も控えていただけに、ファンからは驚きと衝撃の声が寄せられている。中には「またステージにたてますように」「再スタートに向けて頑張ってほしいな」といった黒原を気遣う声が多く見られた。一方で黒原引退のキッカケとなった事務所側の”不祥事”に対し、「モラハラで引退ってさすがにヤバいよね」「事務所につぶされる子が一番もったいないよね」など、アイドルの運営体制に対する問題点を指摘する声も多く見られた。

 黒原は昨年の10月に、体調不良と方向性の違いを理由に「PassCode」から脱退。その後ソロアイドルとして活動している最中での出来事だった。

 引退すると言いつつも、黒原のコメントの中には、音楽や舞台に対する気持ちがまだ捨てきれていない部分もあり、「また復帰するのでは」とも一部で囁かれている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品